• この表をプリントする
  • ポートフォリオ機能


追加

関連ワード 識別力 /  包装 /  商標的使用 /  出所表示機能 /  識別機能 /  指定商品 /  普通名称(3条1項1号) /  慣用商標(3条1項2号) /  周知性 /  公序良俗(4条1項7号) /  品質誤認(4条1項16号) /  専用使用権 /  外観(外観類似) /  称呼(称呼類似) /  観念(観念類似) /  差止 /  存続期間 /  更新登録 /  国際登録 /  外国 /  継続的に使用 /  継続 /  ハウスマーク / 
元本PDF 裁判所収録の全文PDFを見る pdf
事件 平成 22年 (ネ) 10084号 販売差止等請求控訴事件
裁判所のデータが存在しません。
裁判所 知的財産高等裁判所
判決言渡日 2011/03/28
権利種別 商標権
訴訟類型 民事訴訟
判例全文
判例全文
平成23年3月28日判決言渡

平成22年(ネ)第10084号 販売差止等請求控訴事件

(原審・東京地方裁判所平成21年(ワ)第25783号)
口頭弁論終結日 平成23年2月2日
判 決



控 訴 人 西 川 産 業 株 式 会 社


訴 訟 代 理 人 弁 護 士 田 中 克 郎
同 塚 原 朋 一

同 宮 川 美 津 子
同 菊 田 行 紘
同 村 上 諭 志
訴 訟 代 理 人 弁 理 士 佐 藤 俊 司


被 控 訴 人 テンピュール・ジャパン有限会社


訴 訟 代 理 人 弁 護 士 山 口 孝 司
同 松 岡 伸 晃
同 堀 井 昭 暢
同 岩 崎 浩 平
同 鈴 木 麻 友

同 日 高 麗 衣
同 大 瀬 戸 豪 志
同 籔 本 恭 明
主 文

1
1 本件控訴を棄却する。

2 控訴費用は控訴人の負担とする。

事 実 及 び 理 由

第1 控訴の趣旨

1 原判決を取り消す。

2 被控訴人(1審被告。以下,「被告」という。)は,別紙「被告標章目録」記

載1及び2の各標章を別紙「商品目録」記載の商品の包装に付してはならない。

3 被告は,別紙「被告標章目録」記載1及び2の各標章を包装に付した別紙「商

品目録」記載の商品を販売し,又は販売のために展示してはならない。

4 被告は,別紙「被告標章目録」記載1及び2の各標章を別紙「商品目録」記

載の商品に関するパンフレット,ウエブサイトその他の広告宣伝物に使用してはな

らない。

5 被告は,別紙「被告標章目録」記載1の標章を包装に付した別紙「商品目録」

記載の商品の包装から別紙「被告標章目録」記載1の標章を抹消せよ。

6 被告は,別紙「被告標章目録」記載2の標章を付した別紙「商品目録」記載

の商品の包装及び同商品に関するパンフレット,ウエブサイトその他の広告宣伝物

から,別紙「被告標章目録」記載2の標章を抹消せよ。

7 被告は,控訴人(1審原告。以下,「原告」という。)に対し,金2310万

円及びこれに対する平成21年9月9日から支払済みまで年5分の割合による金員

を支払え。

第2 事案の概要

1 原審の経緯等

以下,略語については,当裁判所も原判決と同一のものを用いる。
本件は,別紙「原告登録商標目録」記載の本件商標権を有する原告が,別紙「被
告標章目録」記載1の被告標章1を包装に付した別紙「商品目録」記載の被告商品
(クッション)を販売し,又は販売のために展示し,別紙「被告標章目録」記載2

2
の被告標章2を被告商品に関する広告(被告カタログ,被告ウエブサイト)に使用
している被告に対し,被告使用の上記被告各標章は,別紙「原告登録商標目録」記
載の本件登録商標及び原告の商品等表示として周知又は著名な「ドーナツ枕」の表
示とそれぞれ類似する標章(表示)であるから,被告の上記各行為は,原告の本件
商標権の侵害行為に当たるとともに,不正競争防止法(以下「不競法」という。)
2条1項1号又は2号の不正競争行為に当たる旨主張して,商標法36条又は不競
3条に基づいて,被告各標章を包装に付した被告商品の販売等の差止め等を求め
るとともに,商標法36条,民法709条又は不競法4条に基づいて,損害金23
10万円及びその遅延損害金の支払を求めた事案である。
原判決は,@被告商品の包装箱に付した被告標章1の使用,被告カタログ及び被
告ウエブサイトにおける被告標章2の各使用は,いずれも,被告商品が中央部分を
取り外すと,中央部分に穴のあいた輪形に似た形状のクッションであることを表す
ために用いられたものと認識させるものであって,商品の出所を想起させるもので

はないと認められ,商標としての使用(商標的使用)には当たらないから,「登録
商標に類似する商標の使用」(商標法37条1号)に該当することを前提とする商
標法36条に基づく差止請求及び民法709条に基づく不法行為損害賠償請求は理
由がない,A被告商品の包装箱,被告ウエブサイト及び被告カタログに表示された
被告各標章は,同様の理由により,被告の商品であることを示す商品等表示(不競
2条1項1号,2号)には当たらないから,不競法3条に基づく差止請求及び同

4条に基づく損害賠償請求も理由がない旨判断して,原告の請求をいずれも棄却
した。
これに対し,原告は,原判決を不服として本件控訴を提起した。
2 争いのない事実等,争点及び争点に関する当事者の主張
次のとおり,当審における当事者の主張を付加するほか,原判決の「事実及び理
由」欄の「第2 事案の概要」の「1 争いのない事実等」及び「2 争点」並び

に「第3 争点に関する当事者の主張」(原判決3頁5行?30頁11行)に記載

3
のとおりであるから,これを引用する。
(1) 当審における原告の主張
以下の諸点に照らすならば,被告各標章の使用は,「登録商標に類似する商標の
使用」(商標法37条1号)に該当し,被告の商品であることを示す「商品等表示」
(不競法2条1項1号,2号)に該当すると解すべきである。
ア ドーナツクッションから生ずる観念

ドーナツの語を冠した複合語から,一般的に「中央部分に穴のあいた円形,輪形

の形状の物あるいはこのような円形,輪形に似た形状の物」が想起されることはな

く,また「ドーナツクッション」から,
「中央部分に穴のあいた円形,輪形の形状の

物あるいはこのような円形,輪形に似た形状のクッション」の観念が生じることは

ない。すなわち,辞書には,
「ドーナツ」がそのような形状を意味するとの記載はな

い。また,中央部分に穴があいているのはLPレコードもEPレコードも同じであ

るのに,EPレコードについてのみドーナツ盤と呼ばれているのであるから,
「ドー

ナツ」の語から中央部分に穴のあいた円形,輪形の観念が生ずるとはいえない。さ

らに,中央部分に穴のあいた椅子は,
「ドーナツ椅子」と呼ぶよりも,
「丸椅子」な

どと表す方が通常の用法である。
「ドーナツウォッチ」「ドーナツスピン」との用語


も,特殊であるから,これらの特殊な用例をもって,
「ドーナツ」が「中央部分に穴

のあいた円形,輪形の形状の物あるいはこのような円形,輪形に似た形状」との観

念を生じさせるものということはできない。また,
「ドーナツ」は,あくまでも小麦

粉に一定の材料を混ぜてこねたものを油で揚げた洋菓子を想起させるものであり,

その形状も,穴のあいた円形,輪形に特定されない(甲47,48,209?21

1)。

イ 各テンピュール標章との関係

(ア) 各テンピュール商標が出所表示として機能しているとしても,被告各標章の

出所表示機能を否定する根拠とはならない。すなわち,各テンピュール商標は,あ

くまでも被告のハウスマークとしての商標にすぎないから,それとは別にペットマ

4
ークとして使用されている被告各標章は出所表示機能を有し得る。

(イ) 仮に,著名な商標がテンピュール商標2のみであるとするならば,少なくと

も,著名な商標とはいえないテンピュール商標 1 及び3について,被告各標章の出

所表示機能を否定することはできない。

(ウ) ウエブサイトにおいてホームページ左上欄に付された表示は,当該サイトの

通信販売業者が誰であるのかを示すものであって,当該商品の製造業者の出所表示

であると理解されることはないから,被告ウエブサイトのホームページ左上欄にあ

るテンピュール商標3が当該商品の出所識別表示であるとはいえない。

(エ) 被告ウエブサイトにおいて「テンピュールはテンピュール・ジャパンの登録

商標です」と表記されているが,同表記が,被告商品が被告による販売商品である

ことを識別させるために使用されていることの根拠とはならない。なお,被告は,

テンピュール商標2の使用を許諾されている者にすぎず,その商標権者ではないか

ら(乙298)
,そのような正確性を欠く表記によって,各テンピュール商標が,出

所表示機能を有すると認めることはできない。

ウ 「ドーナツクッション」の観念と被告商品の形状との不一致

被告商品は,四角形に近い形状であり,
「ドーナツクッション」より生じる観念(中

央部分に穴のあいた円形,輪形の形状の物あるいはこのような円形,輪形に似た形

状の物)とは異なる形状であるから,被告各標章が被告商品の形状を表していると

認識されることはない。

また,被告商品は,その中央部分を取り外さないで使用することが推奨されてい

る上,たとえ取り外したとしても,その中身は,肌色のデザイン性のない中綿であ

るため,一般消費者としては,被告商品に付属している四角形の穴のないカバーを

取り付けて利用するはずであるといえるから(甲242の1?8),被告商品が「中

央部分に穴のあいた円形,輪形の形状の物あるいはこのような円形,輪形に似た形

状」であると理解されるとはいえない。

エ 形状表示機能を有すると同時に,出所表示機能をも果たすこと

5
被告各標章が,形状を表示する機能を有するとしても,出所表示機能をも果たす

ことはあり得るから,被告各標章が形状表示機能を有することは,その出所表示機

能を否定する根拠とはならない。

オ 被告がその登録商標を被告各標章と同様に使用していること

被告は,OMBRACIO」 「The
「 及び SonataPillow\by T

empur」との登録商標を有し(甲235,236)「Tempur?
, Omb

racio Pillow【オンブラシオピロー】,
」「Tempur? Sonat

a Pillow【ソナタピロー】」との枕を販売している(甲232?234)


そして,被告は,被告カタログにおいて,各商品の紹介枠の左上に大きな文字で配

置することにより,被告標章2がカタログにおいて使用されているのと同じ態様で,

上記登録商標を使用している(甲43,232)
。また,被告ウエブサイトにおいて

も,商品の写真の左上に太文字で表示し,被告標章2がウエブサイトにおいて使用

されているのと同じ態様で,使用されている(甲6,233及び234)。そうする

と,被告は,「Ombracio Pillow」「Sonata
, Pillow」

等と同様に,被告標章2についても,商標(自他商品識別表示)としてこれを使用

しているというべきである。

カ 本件登録商標「ドーナツ」の出所表示機能に対する不当な影響

本件において,被告各標章の使用が商標的使用でないと判断することは,原告の

有する本件登録商標の権利行使ができないという不当な結果を生じさせ,本件登録

商標「ドーナツ」の出所表示機能に大きな影響を与える。すなわち,仮に,被告が

目立つ場所に目立つ大きさで,商品名として「ドーナツクッション」と表示するこ

とが,本件登録商標を侵害しないと判断されるならば, 西川のドーナツ?枕 の周

知性をも考慮すると,需要者にとって「ドーナツ」を付した商品が原告(西川産業

株式会社)の出所に係る商品であると想起されなくなるとの不都合な結果を生じる。

キ 不競法違反(商品等表示該当性)

前記のとおり,被告各標章の使用が商標的使用に当たる以上,商品等表示(不競

6
2条1項1号,2号)にも当たるのは当然である。

ク 当審における被告の権利行使制限の主張に対し

当審における被告の権利行使制限に係る後記主張は,否認又は争う。

(2) 当審における被告の反論

ア ドーナツの語を冠した複合語(ドーナツクッション)から生ずる観念に対し

原判決が認定した諸事例のほかに,「ドーナツクッション」が「ドーナツ型」の
形状のクッションを示すものとして,一般消費者において広く使用され,取引業者
においても古くから慣用されていることからみて,「ドーナツクッション」はドー

ナツ型クッションの慣用商標ないし普通名称であるといえる(乙43?104,2
14?239,244,295?297,314?319,328?403)。
イ 故意過失について

本件商標権侵害が成立したとしても,被告には故意過失は認められないから,不

法行為損害賠償責任は生じない。

ウ 権利行使制限(商標法39条,特許法104条の3第1項

本件登録商標には,以下の無効とされるべき事由が存在する。

(ア) 品質誤認

ドーナツ型ではないクッション,座布団,枕等について「ドーナツ」なる標章を

付して販売等がされれば,需要者において「商品の品質」について誤認するおそれ

があるから,本件登録商標は,商標法4条1項16号46条1項1号又は5号に

該当するものとして,無効にされるべきである。

(イ) 公序良俗違反

本件登録商標は,原告の使用態様のみならず,既にその構成自体により,第三者

の事業に不測の不利益及び萎縮効果を与えるおそれがある商標であって,公正な競

争秩序を害するとともに,我が国に対する諸外国の国際的な信頼を損ない,社会公

共の一般的利益を害する商標であるから,
「公の秩序・・・を害するおそれがある商

標」として商標法4条1項7号に該当し,同法46条1項1号又は同項5号に該当

7
するものとして,無効にされるべきである。

(ウ) 識別性の欠如

本件登録商標は,商標法3条1項各号に該当し,本件登録商標の商標登録は同法

46条1項1号に該当するものとして無効にされるべきものである。

第3 当裁判所の判断
当裁判所も,被告各標章は,被告商品の出所識別表示として使用されているもの
ではないから,その使用が「登録商標に類似する商標の使用」(商標法37条1号
には該当せず,被告の商品であることを示す「商品等表示」(不競法2条1項1号
2号)にも当たらないとした原判決の判断は,正当であると判断する。

その理由は,以下のとおり当審における原告の主張に対する判断を付加訂正する
ほかは,原判決の「事実及び理由」欄の「第4 当裁判所の判断」(原判決30頁
12行?46頁21行)に記載のとおりであるから,これを引用する。
原判決30頁13行目を「1 商標的使用か否か―――事実認定」に改める。
原判決30頁23行目から31頁4行目「そこで,」までを削除する。
原判決31頁18行目から20行目に掛けての「上段の文字部分と下段の文字部

分とが一体的に認識され,被告標章1全体から自然に『ドーナツクッション』の称
呼が生じるものと認められる」を「上段の文字部分及び下段の文字部分は,一体的
なまとまりのある『ドーナツクッション』と認識される。」と改める。
原判決31頁25行目の「被告標章2の各文字」から32頁1行目の「認められ
る。」までを「被告標章2の各文字は,一体的なまとまりのある『ドーナツクッシ
ョン』と認識される。」と改める。

原判決32頁4行目から5行目に掛けての「両者が外観上不可分であるとまでは
認められないので,」を「判断の便宜上」と改める。
原判決33頁5行目から6行目に掛けての「『ドーナツ椅子』,『ドーナツウォ
ッチ』などの『ドーナツ』の語を商品名に冠した商品が販売されていた」を「『ド
ーナツ椅子』,『ドーナツチェアー』『ドーナツウォッチ』などの『ドーナツ』の

8
語を先頭に付した商品が,第三者によって販売されていた」に改める。
原判決33頁8行目の「『ドーナツチェア』」を「『ドーナツチェアー』」に改
める。
原判決34頁12行目冒頭から23行目末尾までを削除する。
原判決35頁1行目冒頭から35頁17行目末尾までを,以下のとおり改める。
「上記の点と前記アの認定を総合すれば,『ドーナツクッション』の語から,一
般的には,中央部分に穴のあいた円形,輪形のクッション,あるいは,このような
円形,輪形に似たクッションの観念が生じると認められる。
(イ) これに対し, 原告は,ドーナツの語を冠した複合語から,一般的に『中央

部分に穴のあいた円形,輪形の形状の物あるいはこのような円形,輪形に似た形状

の物』等が想起されることはない旨主張する。しかし,原告の主張は,失当である。

すなわち,前記のとおり,
『ドーナツ』には,穴のあいた円形,輪形の形から,そ

のような形状と結びついた物との観念を生じると解するのが自然である。そして,

『ドーナツ盤』『ドーナツ椅子』等の『ドーナツ』を冠した複合語の用例があるこ


とをも勘案すれば,『ドーナツ』を冠した複合語からは,『ドーナツ』とそれに続く

語との間の『型』又は『形』の語が省略されていたとしても,
『中央部分に穴のあい

た円形,輪形の形状の物あるいはこのような円形,輪形に似た形状の物』の観念

想起されるものと認められる。なお,原告は,中央部分に穴があるのはLPレコー

ドもEPレコードも同じであるとも主張する。しかし,LPレコードの中心部の穴

はEPレコードの中心部の穴に比べて極めて小さく,美観上は,その小さな穴を捨

象しても差し支えない程度のものであるのに対して,EPレコードは,中心部に大

きな穴があるとの印象を強く与える。そのような点を考慮するならば,EPレコー

ドのみが『ドーナツ盤』と呼ばれることも,上記の結論に反するものではなく,ご

く自然な用例といえる。

また,原告は,
『ドーナツ椅子』『ドーナツウォッチ』『ドーナツスピン』などの
, ,

用例は,特殊なものであり,このような用例があったとしても,
『ドーナツ』 『中
から

9
央部分に穴のあいた円形,輪形の形状の物あるいはこのような円形,輪形に似た形

状』との観念が生じると解することはできないと主張する。しかし,原告の上記主

張も採用の限りでない。すなわち,ウエブサイト上のインターネット通販『Yahoo!

ショッピング』 『ウッディストア・アクア』
の においては,
『ドーナツ椅子』及び『ド

ーナツイス』が,中心部分に穴のある円形椅子に関して,中央部分に穴のない『丸

形椅子』とは区別されて,表示されている(乙15)。また,株式会社ニーズのホー

ムページにおいても,中央部分に穴のある,医療機関用の丸形椅子が『ドーナツチ

ェアー』と表記されている(乙16)
。さらに,
『ドーナツスピン』についても,フ

ィギアスケートのスピン技の名称として広く知られている(乙40,41)その他,


『ドーナツウォッチ』(乙33)『ドーナツ星雲M57』
, (乙37,38)『ドーナ


ツターン』
(乙42。自動車の運転方法)のような用例は,いずれも,中空部分を有

する形状の物を指す語として使用されている。これらの『ドーナツ』を冠した複合

語の用例は,中央部分に穴のあいた円形,
『 輪形の形状の物あるいはこのような円形,

輪形に似た形状』との観念を有する点において共通する。したがって,原告の上記

主張は,理由がない。」

原判決35頁18行目冒頭から37頁16行目の末尾までを,以下のとおり改め

る。
「ウ 『ドーナツクッション』の語を含んだ宣伝広告,販売等の状況
(ア) 株式会社岸タンス店作成の平成21年9月29日付け証明書(乙43),有
限会社シーワン作成の同日付け証明書(乙44),株式会社ユニークポイント作成
の同年10月7日付け証明書(乙45),N作成の同日付け証明書(乙46),株
式会社インフィストデザイン作成の同日付け証明書(乙47),株式会社幕傳作成

の同月9日付け証明書(乙48)及びダブリュー・エンド・ジー・パブリックリレ
ーションズ株式会社作成の同日付け証明書(乙49)中には,上記各事業者が,そ
れぞれ取り扱っているクッションに『ドーナツクッション』という表示を継続的に
使用している旨,クッションの取引業界においても,『ドーナツクッション』とい

10
う表示のうち『ドーナツ』の部分を西洋菓子のドーナツの形状のように中央に切欠
き部や窪みを設けた形状を意味するものとして使用している旨の記載部分がある。
また,スキャン・グローバル・ロジスティックス株式会社作成の平成21年12月
15日付け報告書(乙214)中にも,同社は,『ドーナツクッション』という表
示のうち『ドーナツ』の部分を西洋菓子のドーナツの形状のように中央に切欠き部
や窪みを設けた形状を意味するものと認識している旨の記載部分がある。
(イ) 乙50ないし90,92ないし111によれば,『ドーナツクッション』

の語を付した多数のクッション商品が,中央部分に穴のあいた円形,輪形及び矩形

(乙64)の形状のクッションの写真などとともに,宣伝広告され,販売される例が,

数多く存在する。これらの商品は特定の製造者,販売者による商品に限られるもの

ではないから,一般需要者において,『ドーナツクッション』の語について,特定

の出所を表す記載であると認識することはないと解するのが自然である。

このうち,レハティームジャパン株式会社作成の『reha team 2005福祉用具

カタログ』には,中央部に切欠きを設けた形状ではなく,窪みのある形状の『床ず

れ予防』商品が,その写真とともに,『ナーシングラッグドーナツパッド』と表記

されて,販売に付されている(乙20)。

(ウ) ウエブサイトにおける商品紹介では,例えば,中央部に切欠きを設けた矩

形のクッションの写真とともに,姿勢矯正用のクッションの宣伝広告の説明がされ

ているが,その説明文中には,『ドーナツクッションにもなっているので,産後・・

お尻の痛いあなたにも』との説明がある(乙64)。同説明中の『ドーナツクッシ

ョン』の部分は,尻部に負担を与えない中央部に切欠きないし窪みを設けた形状の

商品であることを端的に示していると理解される。また,ウエブサイトにおける通

信販売の商品紹介では,『セシールおすすめのドーナツクッションです。』との記

載があるが,同記載も,特定の『ドーナツクッション』の語を,特有の形状を有す

ることを示すために使用していると理解される(乙85)。さらに,ウエブサイトに

おける需要者の意見として,『2日くらいでドーナツクッション無しでも座れる感

11
じでした。』,『退院後もドーナツクッションが手放せなかったそうです。』,『ド

ーナツクッションなしでも楽勝でした』等の記載があり,同記載例も,前後の文脈

から,『ドーナツクッション』の語を,尻部に負担を与えない中央部に切欠きない

し窪みを設けた特有の形状を示す意味で使用していると理解される(乙82,8

3)。

(エ) また,前記のとおり,一般的に,『商品の形状を指す語』と『商品の用途

を指す語』とを前後に組み合わせることによって,商品の性質等をわかりやすく表

記する工夫は,例えば,『風船の形状をした椅子』を『バルーンチェア』と表記し

たり,『三日月の形状をした枕』を『クレセントボディピロー』と表記したりする

ようにしばしば行われることであり,特に,商品の宣伝広告,販売において,通常

みられる(乙51)。

(オ) 上記認定した諸事実を総合すれば,『ドーナツクッション』の語は,これ

に接した需要者等において,中央部分に穴のあいた円形,輪形の形状の物あるいは

このような円形,輪形に似たドーナツ様の形状をしたクッションを指すものと認識

し,特定の出所を表示するものとして認識することはないと解するのが相当であ

る。この場合に,需要者等において,『ドーナツクッション』から,円形,輪形又

はこれに似た形状のみを認識するのか,中央部に切欠きないし窪みを有する形状を

認識するかについては,個別具体的な宣伝広告の態様や商品そのものの形態等を総

合して,個別具体的に判断される筋合いであるといえる。」

原判決37頁18行目から19行目の「『ドーナツクッション』の称呼が生じる
被告標章1全体から」を「被告標章1から」に改める。
原判決37頁23行目の冒頭から24行目の「生じることからすると」までを,
「前記(1)イと同様の理由により,」に改める。
原判決38頁18行目の後に,行を改め,以下のとおり加える。

「ウ 原告は,各テンピュール商標は,被告のハウスマークとしての商標にすぎ
ないから,被告各標章についてその出所表示機能を否定する根拠とはならないと主

12
張する。しかし,原告の上記主張は採用の限りでない。すなわち,被告商品の包装
箱に接した一般消費者は,被告標章1について,被告商品の本体の形状を示すイメ
ージ図及び包装箱の説明文と相俟って,被告商品が中央部分を取り外すことによっ
て,その中央部分に穴のあいた輪形に似た形状となるクッションであるとの特徴を
説明する目的で用いられたものであると認識するものと解される。また,被告ウエ
ブサイト及び被告カタログにおける被告標章2についても,一般消費者は,同様の
目的で用いられたものであると認識すると解される。よって,原告の上記主張は採
用の限りでない。
また,原告は,テンピュール商標 1 及び3は,テンピュール商標2のように著名

な商標であるとまではいえない以上,テンピュール商標 1 及び3の表示をもって,

被告各標章の出所表示機能を否定する根拠とすることはできないとも主張する。し

かし,原告の上記主張も,採用の限りでない。すなわち,たとえテンピュール商標

1 及び3がテンピュール商標2のように著名な商標であるとまではいえないとして

も,その図形と文字の組合せには特徴があり,その使用態様からみて需要者の注意

を惹くものであることなどからすれば,需要者は,テンピュール商標 1 及び3が,

当該商品の出所表示機能を有する部分であると認識すると認められる。
したがって,

原告の上記主張は採用の限りでない。

また,原告は,ウエブサイトのホームページ左上欄の表示は,当該サイトの通信

販売業者が誰であるのかを示すものであるから,被告ウエブサイトのホームページ

左上欄にあるテンピュール商標3が出所識別表示に当たるとはいえないと主張する。

しかし,原告の上記主張も採用の限りでない。すなわち,被告ウエブサイトのホー

ムページ(甲6)には,その下段に『テンピュールはテンピュール・ジャパンの登

録商標です。』との説明文があること,当該ホームページの最上部には『テンピュー

ル・ジャパン|製品』とのホームページを特定する記載があり,さらに最下部にも

『http://www.tempur-japan.co.jp/goods/goods/other/cushion/doughnut.html』


のホームページを特定する記載があることに照らせば,需要者において当該サイト

13
の通信販売業者が『テンピュール・ジャパン』であって,テンピュール商標3が商

品の出所識別表示であると理解するものといえる。したがって,原告の上記主張は

採用の限りでない。

さらに,原告は,被告はテンピュール商標2の使用を許諾された者にすぎず,商

標権者ではないから(乙298) 自らを商標権者であるとするかのような不正確な


テンピュール商標2に係る説明文 「テンピュールはテンピュール・ジャパンの登録


商標です」 をもって同商標に出所表示機能を認めることはできないと主張する。
) し

かし,原告の上記主張も,採用の限りでない。すなわち,被告は,テンピュール商

標2の専用使用権の設定登録を適法に受けた者であって(乙298)『テンピュー


ルはテンピュール・ジャパンの登録商標です』との説明文は,必ずしも被告の専用

使用権と矛盾するとはいえないから,原告の上記主張は採用の限りでない。」

原判決38頁21行目の「低反発素材を用いた本体とカバー等からなり, を
」 「テ
ンピュール社製造に係る低反発素材を用いた,椅子の座部などに載置して使用する
もので,腰を下ろしたときに,その弾力性によって衝撃や振動等を和らげるクッシ

ョンであり,」に改める。
原判決39頁4行目の「(ア)a」を「(ア)」に,22行目の「b」を「(イ)」に,4
0頁20頁目の「c」を「(ウ)」に,41頁1行目の「d」を「(エ)」に,それぞれ
改める。
原判決41頁8行目冒頭から43頁14行目末尾までを削除する。
原判決43頁21行目のAをBに,22行目のBをCに改める。

原判決43頁24行目冒頭から44頁14行目末尾までを削除する。
原判決44頁26行目冒頭から45頁18行目末尾までを削除する。
原判決45頁18行目の次に,行を改め,次のとおりの記載を加える。
「2 商標的使用か否か―――判断
上記の認定事実に基づいて,被告各標章の各表記態様が商標的使用であるか否か
について,判断する。

14
(1) 被告商品の包装箱における被告標章1の表記について
ア 被告商品の包装箱の表記態様について
前記のとおり,@被告商品の包装箱には,被告標章1が合計5個(表面,裏面,

右側面,上面及び下面(底面)に各1個)表示されているところ,表面,裏面及び

右側面の被告標章1は,被告商品の本体について,取り外された楕円筒形の中央部

分とその取り外し後に楕円形の穴があいた本体のイメージ図と一緒に表示されて

いること,A被告商品の包装箱の表面には,テンピュール商標1及び『中央にスー

パーソフトな素材を用いてデリケートな部分を優しくサポート お産の後の妊婦

さんや痔でお悩みの方などにお薦めのシートクッション。中央部分にはスーパーソ

フトなテンピュールRを用いて安らげる座りごこちを提供します。 との説明文が,


裏面には,テンピュール商標1及び『・・・スーパーソフト部分は着脱が可能とな

っています。』との説明文が表示されていること,B右側面,上面及び下面(底面)

の被告標章1は,テンピュール商標1と一緒に表示されていること,C被告標章1

から中央部分に穴のあいた円形,輪形の形状のクッションあるいはこのような円

形,輪形に似た形状のクッションの観念が生じること,D各テンピュール商標(テ

ンピュール商標1ないし3)は,被告が販売する商品とともに全国放送のテレビ番

組,新聞,雑誌等でたびたび紹介され,『テンピュール』の標準文字からなるテン

ピュール商標2は,平成20年7月当時までに,被告が販売する商品の商標として

著名となっていたことを総合すると,被告商品の包装箱に接した取引者,需要者は,

被告商品の包装箱に付されたテンピュール商標1,及び説明文中の『テンピュール

R』の表示をもって,被告の出所表示であると認識すると解するのが相当である。

イ 『ドーナツクッション』の語を付したクッション商品に対する認識
前記のとおり, 『ドーナツクッション』
@ の語を付した多数のクッション商品が,

中央部分に穴のあいた円形,輪形及び矩形の形状のクッションの写真や図などとと

もに,宣伝広告され,販売される例が,存在し,これらの商品は特定の製造者,販

売者による商品に限られるものではないことから,一般需要者において,『ドーナ

15
ツクッション』の語について,特定の出所を表す表記であるとは認識されていない

こと,A一般消費者においても,ウエブサイト等の書き込みにおいて,『ドーナツ

クッション』の語を,特有の形状を有するクッションとの意味で使用しており,特

定の出所を示すものとして使用していない例が少なくないこと, 『商品の形状等
B

を指す語』と『商品の種類を指す語』とを前後に組み合わせることによって商品を

わかりやすく表記することは,一般に行われていることからすれば,被告標章1の

出所識別力は極めて弱いといえる。

ウ 以上の経緯を総合するならば,被告商品の包装箱に接した一般消費者は,被

告標章1について,被告商品の本体の形状を示すイメージ図及び上記Aの説明文と

相俟って,被告商品が中央部分を取り外すと,中央に穴のあいた輪形に似た形状の

クッションであることを表すために用いられたものと認識し,商品の出所を想起す

るものではないものと認められる。

そうすると,被告標章1が被告商品の包装箱において商品の出所表示機能・出所

識別機能を果たす態様で用いられているものと認めることはできないから,被告商

品の包装箱における被告標章1の使用は,商標としての使用(商標的使用)に当た

らないというべきである。

エ これに対し,原告は,以下のとおり主張するが,いずれも理由がない。

(ア) 被告商品の包装箱には,被告標章1以外には,被告商品の商品名に該当す

る表示は一切ないこと,表面及び裏面の商品の説明文に商品の種類を示す表示とし

て『シートクッション』という語が用いられていることから,被告標章1は,被告

商品の出所を表示するものとして使用されていると主張する。

しかし,原告の主張は,以下のとおり採用できない。すなわち,被告商品の包装

箱の表面には,『お産の後の妊婦さんや痔でお悩みの方などにお薦めのシートクッ

ション。中央部分にはスーパーソフトなテンピュールRを用いて安らげる座りごこ

ちを提供します。』との説明文,同裏面には,『抜群のコンビネーションが自然な

座りごこちを実現 テンピュールRのドーナツクッションは,一見すると通常のシ

16
ートクッションと変わりませんが,デリケートな部分が触れるところをスーパーソ

フトのテンピュールRで構成することにより,自然な座りごこちを実現していま

す。・・・』との説明がされ,『シートクッション』の語は,被告商品が着座して

使用するクッションであることを意味するものとして用いられていることが認め

られる。『シートクッション』の語が,このような文脈で説明的に用いられたから

といって,『ドーナツクッション』からなる被告標章1が商品の出所表示機能・出

識別機能を果たす態様で用いられていることの根拠となるものではない。

(イ) 原告は,被告商品は,四角形に近い形状であるから,
『ドーナツクッション』

より生じる観念とは一致しないと主張する。

しかし,原告の上記主張も採用の限りでない。すなわち,被告商品は,その外縁

がやや四角形に近いとはいえ,その中央部分を取り外した場合には楕円形の穴が中

央部分にできるものであって,取り外した状態では全体として,
『中央部分に穴のあ

いた円形,輪形の形状の物あるいはこのような円形,輪形に似た形状』であるとい

えるから(甲5の1,甲5の3),原告の上記主張は採用の限りでない。

(ウ) 原告は,被告商品は,その中央部分を取り外さないで使用することが推奨さ

れている上,たとえ取り外したとしても,その中身は,肌色のデザイン性のない中

綿であるので(甲242の3?6),一般消費者としては,被告商品に付属している

四角形の穴のないカバーを取り付けて利用するはずであるといえるから(甲242

の1?8),被告商品が『中央部分に穴のあいた円形,輪形の形状の物あるいはこの

ような円形,輪形に似た形状』であると理解されるとはいえないと主張する。

しかし,原告の上記主張は採用の限りでない。すなわち,被告商品の包装箱には

被告商品の中央部分を取り除いてカバーを取り付ける前の,楕円形の穴が内側にあ

いている状態が明確に図示されており,その状態はクッションとしては特徴的なも

のであって,
『スーパーソフトの素材を使用した中央部分は取り外し可能。着座にデ

リケートになっている方におすすめです。(甲6)『お産の後の妊婦さんや痔でお
』 ,

悩みの方などにお薦めのシートクッション』
(甲44の1,2,甲45の1)との説

17
明文等があることからみても,需要者がそれらの商品特性を理解して,被告商品に

付された『ドーナツ』の語句が『中央部分に穴のあいた円形,輪形の形状の物ある

いはこのような円形,輪形に似た形状』を表現したものであると理解するといえる。

したがって,中央部分を取り外す前の状態又はカバー取付後の状態を強調して上記

の理解が生じ得ないとする原告の前記主張は採用の限りでない。

(エ) 原告は,商標が商品の形状を説明する機能を有すると同時に出所表示機能

も果たすことはあり得るから,被告各標章が形状表示機能を有するとしても,その

ことが,出所表示機能を否定する根拠とはならないと主張する。

しかし,原告の上記主張は採用の限りでない。すなわち,被告各標章の表記態様,

各テンピュール商標の存在や,説明文等をも総合考慮すれば,被告各標章は,出所

の表示として使用されているものとはいえない。

したがって,原告の上記主張は,採用することができない。

(2) 被告ウエブサイトにおける被告標章2の表記について

前記のとおり,被告ウエブサイトの表記態様については,別紙6の写真に示すと

おりであり,@中央部に,被告標章2が表示され,その下にカバーが取り付けられ

た被告商品の写真が掲載されていること,A写真右側に,『スーパーソフトの素材

を使用した中央部分は取り外し可能。着座にデリケートになっている方におすすめ

です。』との説明文が記載されていること,B左側上部に,テンピュール商標3と

構成が同一で色彩が異なる標章が掲載されていること,C下部に,『テンピュール

はテンピュール・ジャパンの登録商標です』との文章が掲載されていること,D被

告標章2から中央部分に穴のあいた円形,輪形の形状のクッションあるいはこのよ

うな円形,輪形に似た形状のクッションの観念が生じること,E『テンピュール』

の標準文字からなるテンピュール商標2は,平成20年7月当時までに,被告が販

売する商品の商標として著名となっていたことが認められる。

上記の事実のほかに,前記(1)のイ記載のとおり,『ドーナツクッション』の語を

付したクッション商品に対する一般取引者及び需要者の認識に照らすならば,被告
18
標章2の出所識別力は極めて弱いといえることを総合すると,被告ウエブサイトの
上記部分に接した一般消費者においては,被告標章2について,上記説明文と相俟
って,被告商品が中央部分を取り外すと,中央に穴のあいた輪形に似た形状のクッ
ションであることを表すために用いられたものと認識し,商品の出所を想起するも
のではないものと認められる。
そうすると,被告標章2が被告商品のウエブサイトにおいて商品の出所表示機

能・出所識別機能を果たす態様で用いられているものと認めることはできないか

ら,被告商品のウエブサイトにおける被告標章2の使用は,本来の商標としての使

用に当たらないというべきである。

(3) 被告カタログにおける被告標章2の表記について
前記認定のとおり,被告カタログにおける被告標章2の表記は,@表表紙の中央

上部に,『テンピュールR総合カタログ』,『2009Autumn-2009Winter』と

の文字,『TEMPUR』の文字,テンピュール商標3と構成が同一で色彩が異な

る標章が記載されていること,A被告商品を紹介している部分において,上から順

に,被告標章2と構成が同一で,文字色が黒色の文字標章,被告商品の写真,『ス

ーパーソフトの素材を使用した中央部分は取り外し可能。着座にデリケートになっ

ている方におすすめです。』との説明文が記載されていること,B裏表紙の中央部

に,テンピュール商標3と構成が同一で色彩が異なる標章が記載されていること,

Cまた,被告ウエブサイトには,被告販売に係る他の商品も表記されているが,例

えば,『座布団』,『トランジットピロー』,『New トラベルピロー』など,他の

商品についても,およそ出所識別を有しない一般名詞が用いられていること,D被

告標章2から中央部分に穴のあいた円形,輪形の形状のクッションあるいはこのよ

うな円形,輪形に似た形状のクッションの観念が生じること,E『テンピュール』

の標準文字からなるテンピュール商標2は,平成20年7月当時までに,被告が販

売する商品の商標として著名となっていたことが認められる。

上記の事実に前記(1)のイ記載のとおり,
『ドーナツクッション』の語を付したク

19
ッション商品に対する一般取引者及び需要者の認識に照らすならば,被告標章2の

出所識別力は極めて弱いといえることを総合すると,被告カタログの上記部分に接

した一般消費者においては,上記説明文と相俟って,被告商品が中央部分を取り外

すと,中央に穴のあいた輪形に似た形状のクッションであることを表すために用い

られたものと認識し,商品の出所を想起するものではないものと認められる。

そうすると,被告標章2と構成が同一で,文字色が黒色の文字標章が被告カタロ
グにおいて商品の出所表示機能・出所識別機能を果たす態様で用いられているもの
と認めることはできないから,被告カタログにおける被告標章2と構成が同一で,

文字色が黒色の文字標章の使用は,本来の商標としての使用に当たらないというべ
きである。」
原判決45頁19行目の「(6)」を「(4)」に改める。
原判決45頁1行目の「2 争点2?1」を「3 争点2?1」に改める。
原判決46頁22行目の冒頭から,24行目末尾までを,以下のとおり改める。
「4 小括
以上のとおり,@『ドーナツ』の語には,穴のあいた円形,輪形の形をした物の

観念が含まれており,
『ドーナツ盤』『ドーナツ椅子』『ドーナツスピン』『ドーナ
, , ,

ツ星雲』 『ドーナツ』
等の を冠した複合語の用例が存在していることを総合すると,

『ドーナツ』を冠した複合語からは,
『ドーナツ』とそれに続く語との間の『型』又

は『形』の文字が付加されていない場合であったとしても,
『中央部分に穴のあいた

円形,輪形の形状の物あるいはこのような円形,輪形に似た形状の物』の観念が想

起されること,A被告商品の包装箱,被告ウエブサイト又は被告カタログには,そ

の出所識別表示としては,各テンピュール商標が別に存在しており,被告標章1(ド

ーナツ/クッション)又は2(ドーナツクッション)については,被告商品の本体

の形状を示すイメージ図及び包装箱の説明文等と相俟って,被告商品がその中央部

分を取り外すと,中央部分に穴のあいた輪形に似た形状となるクッションであるこ

とを説明するために用いられたものであると需要者において認識し,商品の出所を

20
想起するものではないといえることなどに鑑みれば,被告各標章は,被告商品の出

所識別表示として使用されているものではないと認められるから,その使用が『登

録商標に類似する商標の使用』
(商標法37条1号)には該当せず,被告の商品であ

ることを示す『商品等表示』
(不競法2条1項1号,2号)にも当たらないというべ

きである。

その他,原告は,縷々主張するが,いずれも採用の限りでない。

5 結論

以上によれば,
その余の点について判断するまでもなく,原判決は相当であって,

本件控訴は理由がないからこれを棄却することとし,主文のとおり判決する。」



知的財産高等裁判所第3部




裁判長裁判官
飯 村 敏 明




裁判官
齊 木 教 朗




裁判官
武 宮 英 子




21
「被告標章目録」













22
「商品目録」



商品名:ドーナツクッション

販売元:被告




23
「原告登録商標目録」(甲3,4)




登録商標

登録番号 第822951号

出願年月日 昭和42年11月10日

登録年月日 昭和44年6月24日

更新登録日 平成21年1月13日

商品の区分及び指定商品

第20類「クッション,座布団,まくら,マットレス」

第22類「衣服綿,ハンモック,布団袋,布団綿」

第24類「布製身の回り品,かや,敷布,布団,布団カバー,

布団側,まくらカバー,毛布」




24
「被告商標目録」




1 登録番号 第4355267号(乙298,302,303)

出願日 平成11年5月14日

設定登録日 平成12年1月28日

更新登録日 平成21年12月22日

商標権者 ダン?フォーム・アンパルトセルスカプ

専用使用権の設定登録日 平成20年10月31日

専用使用権の範囲 地域 日本

期間 本商標権の存続期間中(平成22年1月28

日まで)

内容 「指定商品 第10類 医療用まくら 医療

用クッション,医療用マットレス,医療用

の補助器具及び矯正器具,その他の医療用

機械器具 第20類 クッション,座布

団,まくら,マットレス」

登録商標




25
2 登録番号 第4566278号(乙299,304)

出願日 平成12年5月1日

設定登録日 平成14年5月10日

商標権者 ダン?フォーム・アンパルトセルスカプ

専用使用権の設定登録日 平成20年10月31日

専用使用権の範囲 地域 日本

期間 本商標権の存続期間中(平成24年5月10

日まで)

内容 「指定商品 第10類・ ・,
・ 第20類 ・・・

クッション,座布団,まくら,マットレ

ス・・・」

登録商標 テンピュール(標準文字)




国際登録番号 第961000号(乙301)

国際登録日 平成20年3月12日(2008年3月12日)

登録日 平成21年12月25日(2009年12月25日)

商標権者 Dan?Foam ApS

登録商標




26

  • この表をプリントする