• この表をプリントする
  • ポートフォリオ機能


追加

この判例には、下記の判例・審決が関連していると思われます。
審判番号(事件番号) データベース 権利
平成24ワ5333商標権侵害差止等請求事件 判例 商標
平成24行ケ10019審決取消請求事件 判例 商標
平成23ワ3460商標権侵害差止等請求事件 判例 商標
平成23行ケ10426審決取消請求事件 判例 商標
平成22ネ10076商標権侵害差止等請求控訴事件 判例 商標
元本PDF 裁判所収録の全文PDFを見る pdf
事件 平成 22年 (ワ) 38525号 商標権侵害行為差止等請求事件
裁判所のデータが存在しません。
裁判所 東京地方裁判所 
判決言渡日 2012/05/30
権利種別 商標権
訴訟類型 民事訴訟
判例全文
判例全文
平成 2 4 年 5 月 30 日判決言渡 同日原本領収 裁判所書記官

平成 2 2 年 ( ワ ) 第 38525 号 商標権 侵害行為差止等 請求事件

口頭弁論終結日 平成 2 4 年 2 月 2 2 日

判 決

東京都渋谷区 < 以下略 >

原 告 株 式 会 社 イ ン デ ィ ア ン モト

サイクルカンパニージャパン

同訴訟代理人弁護士 佐 藤 雅 巳

同 古 木 睦 美

愛知県名古屋市 < 以下略 >

被 告 株式会社ホワイトハウス

同訴訟代理人弁護士 五 十 嵐 敦

同 井 上 祐 子

同 小 林 央 典

同補佐人弁理士 森 本 久 実

主 文

1 被告 は , 別紙被告標章目録記載 1 ないし 3 の 標章 のいずれか を 付 した オート

バイ を , 輸入 し , 販売 し , 引 き 渡 し , 販売若 しくは 引渡 しのため 展示 し , 又 は ,

ウェブサイト 上 で 広告 してはならない 。

2 被告 は , 別紙被告標章目録記載 1 ないし 4 の 標章 のいずれか を 付 した オート

バイ を ウェブサイト 上 で 広告 するに 際 し , 同目録記載 5 の 標章 を 使用 してはな

らない 。

3 被告 は , 別紙被告標章目録記載 1 ないし 3 の 標章 のいずれか を 付 した , オー

トバイ の 定価表 , ちらし , パンフレット 及 び カタログ を 頒布 してはならない 。

4 被告 は , 別紙被告標章目録記載 1 ないし 4 の 標章 のいずれか を 付 した , オー

トバイ の 定価表 , ちらし , パンフレット 及 び カタログ に , 同目録記載 5 の 標章

1
を 付 してはならず , 同標章 を 付 した 同定価表 , ちらし , パンフレット 及 び カタ

ログ を 頒布 してはならない 。

5 被告 は , 別紙被告標章目録記載 1 ないし 3 の 標章 のいずれか を 付 した オート

バイ につき , 同 オートバイ に 付 した 同目録記載 1 ないし 3 の 標章 を 抹消 せよ 。

6 被告 は , 別紙 被告 標章目録記載 1 ないし 3 の 標章 のいずれか を 付 した , オー

トバイ のちらし , パンフレット 及 び カタログ を 廃棄 せよ 。

7 原告 のその 余 の 請求 を いずれも 棄却 する 。

8 訴訟費用 は , これを 5 分 し , その 1 を 原告 の 負担 とし , その 余 は 被告 の 負 担

とする 。

事 実 及 び 理 由

第1 請求

1 被告 は , 別紙被告標章目録記載 1 ないし 4 の 標章 を 付 した オートバイ を , 輸

入 し , 販売 し , 引 き 渡 し , 販売若 し くは 引渡 しのため 展示 し , 又 は , ウェブサ

イト 上 で 広告 してはならない 。

2 主文 2 項同旨

3 被告 は , 別紙被告標章目録記載 1 ないし 4 の 標章 を 付 した オートバイ の 定価

表 , ちらし , パンフレット 及 び カタログ を 頒布 してはならない 。

4 主文 4 項同旨

5 被告 は , 別紙被告標章目録記載 1 ないし 4 の 標章 を 付 した オートバイ , 並 び

に 同 オートバイ のちらし , パンフレット 及 び カタログ を 廃棄 せよ 。

第2 事案 の 概要

本件 は , 商標権 を 有 する 原告 が , 被告 の 輸入販売 に 係 る オートバイ について ,

原告 の 登録商標 に 類似 した 標章 を 付 すなど する 被告 の 行為 は 原告 の 上記商標権

を 侵害 するものとみなされる ( 商標法 37 条 1 号 ) などと 主張 し , 被告 に 対 し ,

商標法 36 条 1 項 に 基 づく 差止請求 として , 当該 オートバイ の 輸入 , 販売等 の

禁止 ( 請求 1 ? 4 ) を 求 めるとともに , 同条 2 項 に 基 づく 廃棄請求 として , 当

2
該 オートバイ 等 の 廃棄 ( 請求 5 ) を 求 めた 事案 である 。

1 前提事実 ( 後掲 の 証拠等 を 掲記 した 事実以 外 は 当事者間 に 争 いがない 。)

(1) 当事者

ア 原告

原告 は , 平成 5 年 6 月 に 設立 された 商標 の ライセンシング ・ マーチャン

ダイジング 等 を 業 とする 株式会社 である 。

( 乙 46 , 弁論 の 全趣旨 )

イ 被告

被告 は , 昭和 54 年 11 月 に 開業 した ( 会社設立 は 昭和 38 年 7 月 ) 輸

入車 を 中心 とした 自動車 ・ 二輪車 の 販売 等 を 業 とする 株式会社 である 。

( 甲 6 の 7 , 乙 88 , 96 , 当裁判所 に 顕著 )

(2) 原告 の 商標権

原告 は , 次 のとおり 商標権 を 有 している ( 以下 , 下記 ア ? ウ の 商標権 に 係

る 登録 商標 を 順 に 「 原告商標 1 」「 原告商標 2 」「 原告商標 3 」 という 。 ま

た , 原告商標 1 ? 3 を 併 せて 「 原告商標 」 ということがある 。 ) 。

( 枝番号 を 含 めて 甲 1 ? 3 )



ア 登録番号 第 2674792 号

出 願 日 平成 4 年 2 月 6 日

査 定 日 平成 6 年 1 月 14 日

登 録 日 平成 6 年 6 月 29 日

更新登録日 平成 16 年 3 月 2 日

指定商品 第 12 類

船舶並 びにその 部品及 び 附属品 (「 エアクッション 艇 」 を

除 く 。), エアクッション 艇 , 航空機並 びにその 部品及 び

附 属品 , 鉄道車両並 びにその 部品及 び 附属品 , 自動車並 び

3
にその 部品及 び 附属品 , 二輪自動車 ・ 自転車並 びにそれら

の 部品及 び 附属品 , 乳母車 , 人力車 , そり , 手押 し 車 , 荷

車 , 馬車 , リヤカー , タイヤ 又 は チューブ の 修繕用 ゴム は

り付 け片

登録商標




イ 登録番号 第 4418464 号

出 願 日 平成 11 年 6 月 21 日

査 定 日 平成 12 年 7 月 28 日

登 録 日 平成 12 年 9 月 22 日

指定商品 第 12 類

船舶並 びにその 部品及 び 附属品 , 航空機並 びにその 部品及

び 附属品 , 鉄道車両並 びにその 部品及 び 附属品 , 自動車並

びにその 部品及 び 附属品 , 二輪自動車 ・ 自転車並 びにそれ

らの 部品及 び 附属品 , 乳母車 , 人力車 , そり , 手押 し 車 ,

荷車 , 馬車 , リヤカー , 荷役用索道 , カーダンパー , カー

プッシャー , カープラー , 牽引車 , 陸上 の 乗物用 の 動力機

械 ( その 部品 を 除 く 。), 陸上 の 乗物用 の 機械要素 , 陸上

の 乗 物 用 の 交 流 電 動 機 又は 直 流 電 動 機( そ の部 品 を除

く 。), タイヤ 又 は チューブ の 修繕用 ゴム はり 付 け 片 , 乗

物用盗難警報器 , 落下傘

登録商標




4
ウ 登録番号 第 4915507 号

出 願 日 平成 14 年 12 月 28 日

査 定 日 平成 17 年 10 月 19 日

登 録 日 平成 17 年 12 月 16 日

指定商品 第 12 類

船舶並 びにその 部品及 び 附属品 , 航空機並 びにその 部品及

び 附属品 , 鉄道車両並 びにその 部品及 び 附属品 , 自動車並

びにその 部品及 び 附属品 , 二輪自動車 ・ 自転車並 びにそれ

らの 部品及 び 附属品 , 乳母車 , 人力車 , そり , 手押 し 車 ,

荷車 , 馬車 , リヤカー , 荷役用索道 , カーダンパー , カー

プッシャー , カープラー , 牽引車 , 陸上 の 乗物用 の 動力機

械 ( その 部品 を 除 く 。), 陸 上 の 乗物用 の 機械要素 , 陸上

の 乗 物 用 の 交 流 電 動 機 又は 直 流 電 動 機( そ の部 品 を除

く 。), タイヤ 又 は チューブ の 修繕用 ゴム はり 付 け 片 , 乗

物用盗難警報器 , 落下傘

登録商標




(3) 被告 の 行為

ア 輸入代理店契約

被告 は , 平成 22 年 1 月 , 米国 法人 Indian Motorcycle Company 以下


「 現 インディアン 社 」 という 。) と の 間 で , 被告 が 現 インディアン 社 の 輸

入代理店 と して 同社製 の オートバイ の 販売 を 行 う 旨 を 合意 した 。

( 甲 6 の 3 , 乙 96 , 弁論 の 全趣旨 )

5
イ 東京 モーターサ イクルショー における 出展

被告 は , 平成 22 年 3 月 26 日 から 同月 28 日 まで , 別紙被告標章目録

記載 1 ? 4 の 標章 ( 以下 , 順 に 「 被告標章 1 」「 被告標章 2 」「 被告標章

3 」「 被告標章 4 」 という 。) のいずれか を 付 した 現 インディアン 社製 の

オートバイ ( 以下 , 併 せて 「 本件 オートバイ 」 という ことがある 。) を ,

第 37 回東京 モーターサイクルショー に 出展 し て , 販売 のため 展示 し , 本

件 オートバイ の 定価表 , カタログ 及 びちらしに , 同目録記載 5 の 標章 ( 以

下 「 被告標章 5 」 という 。) を 付 して 頒布 し た 。

上記 カタログ には , 被告標章 1 ? 4 を 表示 した 本件 オートバイ の 写真 が

掲載 されている 。

( 上記段落 につき 甲 6 の 2 )

ウ 直営 ショールーム の 開設 と 販売

被告 は , 平成 22 年 4 月 10 日 , 愛知県東郷町 において , オートプラネ

ット 名古屋 内 に 直営 ショールーム ( INDIAN NAGOYA) を , 平成 23 年 4 月

2 日 , 東京都世田谷区 において , 直営 ショールーム ( INDIAN TOKYO) を 開

設 し て , 本件 オートバイ を 販売 のため 展示 し , そ の ウェブサイト に おいて ,

被告標章 1 ? 4 を 表示 した 本件 オートバイ の 写真 を 広告 し , ウエブページ

の 左上 に 被告標章 5 を 付 し て 掲示 し て いる 。 また , 被告 は , 本件 オートバ

イ を 輸入 し , 上記各直営 ショールーム で 販売 している 。

( 甲 6 の 3 , 甲 7 , 23 ? 31 , 乙 87 の 1 , 弁論 の 全趣旨 )

エ 本件 オートバイ の 定価表 , ちらし , パンフレット 及 び カタログ の 頒布

被告 は , 被告標章 2 を 表示 した 本件 オートバイ の 写真 が 掲載 されている

定価表 ( 甲 24 ) , 被告標章 1 ? 4 を 表示 した 本件 オートバイ の 写真 が 掲

載 されている ちらし , パンフレット 及 び カタログ ( 甲 25 ? 28 。 ちらし

〔 甲 27 , 28 〕 には 少 なくとも 被告標章 2 , 4 が , パンフレット 〔 甲 2

6 〕 には 被告標 章 2 が , カタログ 〔 甲 25 〕 には 被告標章 1 ? 3 が 付 され

6
ている 。 ) を 頒布 し , これらの 定価表 , パンフレット , カタログ には 被告

標章 5 が 付 され ている 。

( 甲 24 ? 28 )

(4) 本件 に 関 わる 米国 における 経過

ア Indian Motocycle C ompany

Indian Motocycle C ompany ( 設 立 時 の 商 号 は Hendee Manufacturing

C ompany で ある 。 以下 「 旧 イ ン ディ ア ン 社 」 とい う 。) は , 1 9 01 年

( 明治 34 年 ), 米国 マサチューセッツ 州 において 設立 された 会社 であ り ,

その 製 造販売 した オートバイ に , 別紙 インディアン 標章 目録 記載 の 各 標章

( 以下 , 併 せて 「 インディアン 標章 」 という 。) を 使用 した 。 旧 インディ

アン 社 は , ハーレ ー ダビッドソン と 並 ぶ オートバイメーカー であったが ,

1953 年 ( 昭和 28 年 ), 倒産 により オートバイ の 製造 を 中止 した 。

( 甲 50 , 乙 13 , 15 , 24 , 弁論 の 全趣旨 )

イ Indian Motocycle Co., Inc

Indian Motocycle Co., Inc 以下 「 新 インディアン 社 」 という 。) は ,


1990 年 ( 平成 2 年 ) 6 月 , A ( 以下 「 A 」 とい う 。) によって 米国 マ

サチューセッツ 州 において オートバイ , オートバイアクセサリー 等 を 製造

販売 する 目的 で 設立 された 会社 であ る 。 新 インディアン 社 は , 旧 インディ

アン 社 の 事業 等 を 承継 したものではなく , 旧 インディアン 社 とは 関係 のな

い 会社 であった 。 新 インディアン 社 は , やがて 倒産 するに 至 り , A は , 1

997 年 ( 平成 9 年 ) 12 月 , 米国 マサチューセッツ 地区連邦裁判所 にお

いて , 新 インディアン 社 の 投資家 から 金員等 を 詐取 したなどの 証券詐欺等

により , 拘禁 90 か 月 に 処 せられるとともに , 100 万 ドル を 超 える 損害

填補等 の 支払 を 命 ずる 旨 の 判決 を 受 けた 。

( 乙 6 , 13 , 14 , 86 , 弁論 の 全趣旨 )

2 争点

7
(1) 原告商標 1 ? 3 と 被告標章 1 ? 3 及 び 5 との 類否 ( 争点 1 )

(2) 原告商標 1 ? 3 と 被告標章 4 との 類否 ( 争点 2 )

(3) 原告商標 が 無効審判 により 無効 にされるべきものであるか ( 争点 3 )

(4) 原告 の 商標権 の 行使 が 権利濫用 に 当 たるか ( 争点 4 )

3 争点 に 関 する 当事者 の 主張

(1) 原告商標 1 ? 3 と 被告標章 1 ? 3 及 び 5 との 類否 ( 争点 1 )

( 原告 の 主張 )

ア 原告商標 1 ? 3

(ア) 原告商標 1 及 び 3 は , 次 のとおり ヘッ ドドレスロゴ と モトサイクル

ロゴ からなる 。

ヘッドドレスロゴ




モトサイクルロゴ



ヘッドドレスロゴ は , 右向 きの 羽根飾 りを 冠 した 北米先住民 の 図形 と

その 中 に 配 した 筆記体 の 「 Indian」 の 文字 ( インディアンロゴ ) とから

なり , 同図形及 び 「 Indian」 の 文字 とを 一体不可分 のものとしてのみ 把

握 しなければならないものではないから , 同図形 に 対応 して ,「 インデ

ィアン 」 の 称呼及 び 「 北米先住民 」 の 観念 が 生 じ , インディアンロゴ に

対応 して 「 インディアン 」 の 称呼及 び 「 北米先住民 」 の 観念 が 生 ずるか

ら , ヘッドドレスロゴ からは ,「 インディアン 」 の 称呼及 び 「 北米先住

民 」 の 観念 が 生 ずる 。

モトサイクルロゴ からは ,「 インディアンモトサイクルカンパニーイ

ンク 」 の 称呼及 び 「 インディアンモトサイクル という 名前 の 会社 」 の 観

念 が 生 ずる 。 同時 に , モトサイクルロゴ において ,「 Co., Inc 」 は , 法

8
人 で あ る こ と を 示 す 語 で あ る か ら , 識 別 力 に お い て 弱 く , 「 Indian

M otocycle」 は モトサイクルロゴ の 要部 であるから , モトサイクルロゴ

からは ,「 Indian Motocycle」 に 対応 して ,「 インディアン モトサイク

ル 」 の 称呼及 び 「 北米先住民 の オートバイ 」 の 観念 が 生 ずる 。

以上 のとおり , 原告商標 1 及 び 3 からは ,「 インディアン 」 の 称呼

「 北米先住民 」 の 観念 ,「 インディアンモトサイクルカンパニー 」 の 称

呼 ,「 インディアンモトサイクルカンパニー という 名前 の 会社 」 の 観念

「 インディアンモトサイクル 」 の 称呼及 び 「 北米先住民 の オートバイ 」

観念 が 生 ずる 。

(イ ) 原告商標 2

原告商標 2 は , ヘッドドレスロゴ からなるから , 原告商標 2 からは ,

「インディアン 」 の 称呼及 び 「 北米先住民 」 の 観念 が 生 ずる 。

イ 被告標章 1 と 原告商標 1 ? 3 との 類似性

(ア ) 被告標章 1 は , 次 のとおりである 。




被告標章 1 は , 右向 きの 羽根飾 りを 冠 した 北米先住民 の 図形及 びその

中 に 配 し た 筆 記 体 の 「 Indian 」 の 文 字 か ら な る が , 同 図 形 及 び

「 Indian」 の 文字 は , 一体不可分 のものとしてのみ 把握 しなければなら

ないものではないから , 同図形 に 対応 して 「 インディアン 」 の 称呼及 び

「 北米先住民 」 の 観念 が 生 じ ,「 Indian」 の 文字 に 対応 して 「 インディ

アン 」 の 称呼及 び 「 北米先住民 」 の 観念 が 生 ずる 。

以上 のとおり , 被告標章 1 からは ,「 インディアン 」 の 称呼及 び 「 北

米先住民 」 の 観念 が 生 ずる 。

(イ ) 被告標章 1 と 原告商標 1 ? 3 とを 対比 すると , 両者 は ,「 インディ

9
アン 」 の 称呼及 び 「 北米先住民 」 の 観念 において 同一 である 。

さらに , 被告標章 1 は , 原告商標 2 と 外観 においても 類似 する 。 また ,

原告商標 1 及 び 3 において , ヘッドドレスロゴ と モトサイクルロゴ とは ,

可分 で 独立 した 要素 として 把握 されるものであり , かつ , ヘッドドレス

ロゴ とは , モトサイクルロゴ より 大書 してあり , ヘッドドレスロゴ は 原

告商標 1 及 び 3 において 支配的 な 要素 である 。 そして , 被告標章 1 は ,

ヘッドドレスロゴ と 外観 においても 類似 するから , 原告商標 1 及 び 3 と

外観 においても 類似 する 。

(ウ ) 以上 のとおり , 被告標章 1 は , 原告商標 1 ? 3 と 外観称呼及 び 観

念 において 類似 するから , 原告商標 1 ? 3 と 類似 する 。

ウ 被告標章 2 と 原告商標 1 ? 3 との 類似性

(ア ) 被告標章 2 は , 次 のとおりである 。




被告標章 2 からは ,「 インディアン 」 の 称呼及 び 「 北米先住民 」 の 観

念 が 生 じる 。

(イ) 原告商標 1 ? 3 からは ,「 インディアン 」 の 称呼 及 び 「 北米先住

民 」 の 観念 が 生 ずる 。

(ウ ) 以上 のとおり , 被告標章 2 は , 原告商標 1 ? 3 と 称呼及 び 観念 にお

いて 類似 するから , 原告商標 1 ? 3 と 類似 する 。

エ 被告標章 3 と 原告商標 1 ? 3 との 類似性

(ア ) 被告 標章 3 は , 次 のとおりである 。




被告標章 3 は , 右向 きの 羽根飾 りを 冠 した 北米先住民 の 図形 の 中 に 筆

記 体 の ア ル フ ァ ベ ッ ト 「 Indian 」 を 配 し た も の で あ る 。 同 図 形 及 び

10
「 Indian」 の 文字 からは , それぞれ 「 インディアン 」 の 称呼及 び 「 北米

先住民 」 の 観念 が 生 ずる 。

以 上 のとおり , 被告標章 3 からは ,「 インディアン 」 の 称呼及 び 「 北

米先住民 」 の 観念 が 生 ずる 。

(イ ) 被告標章 3 と 原告商標 1 ? 3 とを 対比 すると , 両者 は ,「 インディ

アン 」 の 称呼及 び 「 北米先住民 」 の 観念 において 同一 である 。

さらに , 被告標章 3 は , 原告商標 2 と 外観 においても 類似 する 。 また ,

原告商標 1 及 び 3 において , ヘッドドレスロゴ と モトサイクルロゴ とは ,

可分 で 独立 した 要素 として 把握 されるものであり , かつ , ヘッドドレス

ロゴ は , モトサイクルロゴ より 大書 してあり , ヘッドドレスロゴ は 原告

商標 1 及 び 3 において 支配的 な 要素 である 。 そして , 被告標章 3 は , ヘ

ッドドレスロゴ と 外観 においても 類似 するから , 原告商標 1 ? 3 と 外観

においても 類似 する 。

(ウ ) 以上 のとおり , 被告標章 3 は , 原告商標 1 ? 3 と 外観称呼及 び 観

念 において 類似 するから , 原告商標 1 ? 3 と 類似 する 。

オ 被告標章 5 と 原告商標 1 ? 3 との 類似性

(ア ) 被告標章 5 は , 次 のとおりである 。




被告標章 5 において ,








とは , 構成上可分 であり , 一体不可分 のものとしてのみ 把握 しなければ

ならないものではな い 。

11
被告標章 5 において ,




は ,「 MOTORCYCLE」 と 比 べ 大書 してなり , かつ , 書体 においても 特色 の

ある 筆記体 でありかつ 縁取 りしており , 需要者 の 注意 を 強 く 惹 く 。

他方 ,



は , 普通 に 見 る 活字体 であり 「 Indian」 より 著 しく 小書 してあり , 需要

者 の 注意 を 惹 くものではない 。

以上 のとおり , 被告標章 5 からは , 筆記体 の 「 Indian」 に 対応 して ,

「 インディアン 」 の 称呼及 び 「 北米先住民 」 の 称呼 を 生 ずる 。 同時 に ,

被告標章 5 からは ,「 Indian/MOTORCYCLE」 に 対応 して ,「 インディア

ンモーターサイクル 」 の 称呼及 び 「 北米先住民 の オートバイ 」 の 観念

生 ずる 。

(イ ) 被告標章 5 と 原告商標 1 ? 3 とを 対比 すると ,「 インディアン 」 の

称呼及 び 「 北米先住民 」 の 観念 において 類似 するから , 被告標章 5 は ,

原告商標 1 ? 3 と 類似 する 。

加 えるに , 原告商標 1 及 び 3 からは , モトサイクルロゴ 中 の 「 Indian

M otocycle」 に 対 応 し て , 「 イン デ ィ ア ンモ ト サ イク ル 」 の 称呼 及 び

「 北米先住民 の オートバイ 」 の 観念 が 生 ずる 。

称呼 「 インディアンモトサ イクル 」 と 被告標章 5 から 生 ずる 称呼 「 イ

ンディアンモーターサイクル 」 とを 対比 すると , 両者 はそれぞれ 11 音

節及 び 13 音節 からな るが , そのうちの 「 イ 」「 ン 」「 ディ 」「 ア 」

「 ン 」「 サ 」「 イ 」「 ク 」「 ル 」 の 9 つの 音節 において 同一 であり , 相

違 は 「 モ 」 と 「 モー 」,「 ト 」 と 「 ター 」 にすぎない 。 そして , 前者 は

「 モ 」 と 「 モー 」 と , 同一音 の 長音 か 否 かの 相違 にすぎない 。 後者 は ,

12
タ 行音 の 「 ト 」 と 「 ター 」 との 相違 にすぎないから , 両称呼 は , 相紛 れ

るおそれの 強 いものであり , 両称呼 は 類似 する 。

また ,「 インディアンモトサイクル 」 も 「 インディアンモーターサイ

クル 」 も ,「 北米先住民 の オートバイ 」 の 観念 において 類似 する 。

こ の よ う に , 被 告 標 章 5 は , 原 告 商 標 1 及 び 3 中 の 「 Indian

M otocycle Co., Inc. 」 中 の 「 Indian Motocycle」 から 生 ずる 称呼及 び

観念 と 類似 するから , 被告標章 5 は , 原告商標 1 及 び 3 と , この 点 にお

いても 類似 する 。

(ウ ) 以上 のとおり , 被告標章 5 は , 原告商標 1 ? 3 と 類似 する 。

( 被告 の 主張 )

原告商標 1 ? 3 と 被告標章 1 ? 3 及 び 5 が 類似 することは , 積極的 には 争

わない 。

(2) 原告商標 1 ? 3 と 被告標章 4 との 類否 ( 争点 2 )

( 原告 の 主張 )

ア 被告標章 4 は , 次 のとおりである 。




被告標章 4 は , @ ミニスカート をはいた 女子 の 図形 , A 女子 の 図形 に 一

部隠 された 筆記体 の 欧文字 「 Indian」 , B 女子 の 図形及 び 「 Indian」 の 文

字 に 一部隠 された 星 の 図形 とからなる 。

女子 の 図形 に 一部隠 された 筆記体 の 欧文字 は , 語頭 の 「 I 」 及 び 末尾 の

「 ian 」 が 明瞭 に 読 みとれて , 「 I 」 の 右 に 「 n 」 の 左半分 と 読 みとれる 要

素及 び 「 ian 」 の 左 に 「 d 」 の 右 の 縦線 と 読 みとれる 要 素 があるから , 被告

標章 4 に 接 した 需要者 は , 女 子 の 図形 に 一部隠 され た 筆記体 の 欧文字 が

「 Indian」 であると , 容易 に 認識 する 。

13
そして , 「 女子 の 図形 」 , 「 Indian」 の 欧文字及 び 「 星 の 図形 」 は , 一

体不可分 のものとしてのみ 把握 しなければならないものではないから , 被

告標章 4 からは , 「 Indian」 に 対応 して , 「 インディア ン 」 の 称呼及 び

「 北米先住民 」 の 観念 が 生 ずる 。

イ 原告標章 1 ? 3 からは , 「 インディアン 」 の 称呼及 び 「 北米先住民 」 の

観念 が 生 ずる 。

ウ 以上 のとおり , 被告標章 4 は , 原告商標 1 ? 3 と 称呼及 び 観念 において

類似 するから , 原告商標 1 ? 3 と 類似 する 。

( 被告 の 主張 )

ア 原告 の 主張 は 争 う 。

イ 被 告 標 章 4 は , 女 性 の 絵 の 背 後 に 書 か れ て い る文 字 の う ち , 語 頭 が

「 I 」, 語尾 が 「 an 」 であることは 辛 うじて 読 み 取 り 可能 なものの , その

間 の 文字 は 全 く 不明 である から , 特定 の 称呼 を 持 たない 。 少 なくとも 「 イ

ンディアン 」 ないしこれと 類似 の 称呼 が 生 じるものではない 。 また , 女性

の 絵 が 最前面 に 描 かれていると 同時 に , 女性 の 絵 の 背景 には 女性 の 絵 より

も 大 きくこれを 囲 むように 星 が 描 かれており , これらの 図形 は , 被告標 章

4 の 構成上最 も 目立 つ 態様 にて 表 されている 。 したがって , 被告標章 4 は ,

需要者 をして ,「 北米先住民 」 の 観 念 を 生 じさせるものではなく , 全体 と

して ,「 星 の 中 にいる ミニスカート をはいた 女性 」 ある いは 「 星 に 囲 まれ

た ミニスカート をはいた 女性 」 との 観念 を 生 じさせると 考 えるのが 相当 で

ある 。

また , 外観 については , 被告標章 4 は 原告商標 1 ? 3 には 全 く 描 かれて

いない 星 や 女性 の 絵 が 色彩 を 伴 って 描 かれていることから , 原告商標 1 ?

3 とは 外観上顕著 な 相異点 を 有 するものである 。

ウ 以上 より , 被告商標 4 は 原告商標 1 ? 3 と 称 呼 ・ 観念外観 の 点 におい

て 著 しく 相異 するものであることから 全体 として 非類似 である 。

14
(3) 原告商標 が 無効審判 により 無効 にされるべきものであるか ( 争点 3 )

( 被告 の 主張 )

ア 商標法 4 条 1 項 10 号

インディアン 標章 は , 旧 インディアン 社 ( 又 はその 承継者 である 現 イン

ディアン 社 ) の オートバイ を 表示 するものとして , 需要者 において 広 く 認

識 されていた 。 そして , 原告 商標 の 指定商品 には , いずれも 「 二輪自 動

車 」 が 含 まれており , 旧 インディアン 社 と 同一 の 商品 ( オートバイ ) につ

いて 使用 するものである 。

したがって , 原告商標 は , 商標法 4 条 1 項 10 号 の 他人 の 業務 に 係 る 商

品 を 表示 するものとして 需要者 の 間 に 広 く 認識 されている 商標 であって ,

その 商品 について 使用 するものに 該当 し , 無効審判 により 無効 にされるべ

きものである 。

なお , 商標法 47 条 における 無効審判請求 の 除斥期間経過後 も , 同法 3

9 条 , 特許法 104 条 の 3 によって , 権利阻止 の 抗弁 を 主張 することまで

妨 げられるものではない 。 仮 に 除斥期間経過後 は 権利行使阻止 の 抗弁 を 主

張 することは 妨 げられる と 解 する としても , 原告 は , 旧 インディアン 社 と

何 ら 関係 がないのに , 周 知 な インディアン 標章 に 類似 する 原告商標 の 登録

を 受 けたものであり , 不正 競争 の 目的 で 商標登録 を 受 けたものであるから ,

無効審判請求 についての 除斥期間 の 適用 がなく ( 商標法 47 条 1 項 ), 権

利阻止 の 抗弁 をすることは 妨 げられない 。

イ 商標法 4 条 1 項 1 5 号

インディアン 標章 は , 旧 インディアン 社 ( 又 はその 承継者 である 現 イン

ディアン 社 ) の オートバイ を 表示 するものとして , 需要者 において 広 く 認

識 されていた 。

そして ,「 他人 の 業務 に 係 る 商品又 は 役務 と 混同 を 生 ずるおそれがある

商標 」 であるか 否 かの 判断 に 当 たっ ては , その 他人 の 標章 の 周知度 のみな

15
らず , その 他人 の 標章 が 創造標章 であるかどうか , その 他人 の 標章 が ハウ

スマーク であるかどうか 等 も 総合的 に 考慮 するものとされる ( 商標審査基

準 〔 改訂第 9 版 〕 第 3 の 十三 )。 本件 では , 別紙 インディアン 標章 目録記

載 1 の 標章 は , インディアン の 酋長 の 横顔 を 描 き , ヘッドドレス の 絵 に 重

ねて 特徴 のある 字体 で 「 Indian」 と 記載 する 創造標章 であり , 旧 インディ

アン 社 そのものを 示 す ハウスマーク である 。 さらに , 原告商標 の 指定商品

には ,「 二輪自動車 」 と 密接 な 関係 を 有 する 商品 が 含 まれており , 当該商

品 の 取引者 ・ 需要者 が 「 二輪自動車 」 のそれと 共通 している 度合 いも 高 い

といわざるを 得 ない 。 したがって , 原告商標 をその 指定商品 について 使用

した 場合 , インディアン 標章 の 著名性 にかんがみれば , これに 接 する 取引

者 ・ 需要者 は , その 商品 が 旧 インディアン 社 と 何 らかの 関係 を 有 する 者 の

業務 に 係 る 商品 であるかのように , その 商品 の 出所 について 混同 を 生 ずる

おそれがある から , 原告商標 は , 商標法 4 条 1 項 15 号 の 他人 の 業務 に 係

る 商品 と 混同 を 生 ずるおそれがある 商標 に 該当 し , 無効審判 により 無効 に

されるべきものである 。

なお , 商標法 47 条 における 無効審判請求 の 除斥期間経過後 も , 同法 3

9 条 , 特許法 104 条 の 3 によって , 権利阻止 の 抗弁 をすることまで 妨 げ

られるものではない 。 仮 に 妨 げられる と 解 する としても , 原告 は , 旧 イン

ディアン 社 と 何 ら 関係 がないのに , 周知 な インディアン 標章 に 類似 する 原

告商標 の 登録 を 受 けたものであり , 不正 の 目的 で 商標登録 を 受 けたもので

あるから , 権利阻止 の 抗弁 をすることは 妨 げられない 。

ウ 商標法 4 条 1 項 19 号

インディアン 標章 は , 旧 インディアン 社 ( 又 はその 承継者 である 現 イン

ディアン 社 ) の 商品 を 表示 するものとして , 米国 その 他世 界各国 における

需要者 の 間 で 広 く 認識 されている 。 そして , 原告 は , 旧 インディアン 社 と

は 何 ら 関係 がないのに , 旧 インディアン 社 が 培 った インディアン 標章 の 顧

16
客吸引力 を 利用 して マーチャンダイジングビジネス を 行 ってきたものであ

り , インディアン 標章 から 不正 の 利益 を 得 る 目的 をもって , 原告商標 を 出

願 し , 使用 したことは 明 らかである 。 したがって , 原告商標 は , 商標法 4

条 1 項 19 号 の 他人 の 業務 に 係 る 商品 を 表示 するものとして 外国 における

需要者 の 間 に 広 く 認識 されている 商品 と 同一 の 商標 であって , 不正 の 目的

をもって 使用 するものに 該当 し , 無効審 判 により 無効 にされるべきもので

ある 。

エ 商標法 4 条 1 項 7 号

我 が 国 において , 外国 における 他人 の 標章 の 使用 を 知 りながら , それと

無関係 な 者 が , 当該他人 の 許諾 を 得 ることなく , 当該商標又 はこれに 類似

する 商標 の 設定登録 を 受 けることは , 商標法 4 条 1 項 15 号等 によって 商

標登録 を 受 けることができない 場合 があり 得 ることはもとより , その 目的

が , 我 が 国 で 登録 されていないことを 幸 いに , 当該他人 の 標章 に 便乗 して

不正 な 利益 を 得 るなどの 不正 な 意図 をもって 使用 することにあるものと 認

められる 限 り , 公正 な 商取引 の 秩序 を 乱 し , ひいては 国際信義 に 反 するも

のとして , 公序良俗 を 害 するおそれがある 商標 というべきであるから , 同

項 7 号 によって 商標登録 を 受 けることができないと 解 される ( 東京高裁平

成 15 年 7 月 16 日判決参照 ) 。

原告 は , 旧 インディアン 社 と 何 ら 関係 がないにもかかわらず , 旧 インデ

ィアン 社 が ハーレ ー ダビッドソン と 並 び 称 される 伝説 の オートバイメーカ

ー であったという 名声 に 便乗 して 不正 な 利益 を 得 ようとしたものであり ,

不正 な 意図 が 認 められる 。

したがって , 原告商標 は , まさに 公正 な 商取引 の 秩序 を 害 し , ひいては

国際信義 に 反 する ものとして , 商標法 4 条 1 項 7 号 の 公序良俗 を 害 するお

それがある 商標 に 該当 し , 無効審判 により 無効 にされるべきものである 。

( 原告 の 主張 )

17
ア 商標法 4 条 1 項 10 号 について

被告 の 主張 は 否認 し 争 う 。

旧 インディアン 社 は , 1953 年 ( 昭和 28 年 ) に 倒産 , 操業停止 して

消滅 し , 原告商標 の 出願時 ・ 登録査定時 に 存在 していなかった 。 インディ

アン 標章 が 原告商標 の 出願時 ・ 登録査定時 に オートバイ に 使用 されたこと

はなく , 我 が 国 において オートバイ の 需要者 の 間 で 周知 であったこともな

い。

旧 インディ アン 社 の 商標権 は , すべて 消滅 し , 何人 にも 譲渡 されなかっ

た 。 また , 現 インディアン 社 は , 旧 インディアン 社 の 承継人 ではない 。

イ 商標法 4 条 1 項 15 号 について

被告 の 主張 は 否認 し 争 う 。

原告商標 の 出願時 ・ 登録査定時 には , 旧 インディアン 社 は 存在 していな

かったし , また , 旧 インディアン 社 が かつて 有 した 商標 に 対 する 商標権 や

旧 インディアン の 製造販売 する オートバイ は 存在 していなかった 。

現 インディアン 社 は , 旧 インディアン 社 の 承継人 ではない 。

インディアン 標章 は , 原告商標 の 出願時 ・ 登録査定時 に , 旧 インディア

ン 社 の オートバイ を 表示 するものとして , 又 は 現 インディアン 社 の オート

バイ を 表示 するものとして , 我 が 国 の 需要者 において 広 く 認識 されていた

ことはない 。

ウ 商標法 4 条 1 項 19 号 について

被告 の 主張 のうち , 原告 が 旧 インディアン 社 と 関係 がないことは 認 め ,

その 余 は 否認 し 争 う 。

エ 商標法 4 条 1 項 7 号 について

被告 の 主張 のうち , 被告主張 の 趣旨 の 裁判例 があることは 認 め , その 余

は 争う。

(4) 原告 の 商標権 の 行使 が 権利濫用 に 当 たるか ( 争点 4 )

18
( 被告 の 主張 )

ア 原告 の 営業活動

(ア ) 原告 は , 原告商標 を 付 した 自転車 について , あたかも 旧 インディア

ン 社 に 出所 を 有 するかのように 宣伝広告 を 行 っている 。 さらに , 原告 は ,

自己 の 他 の 商品 の 販売活動 においても , 原告 の 商品 があたかも 旧 インデ

ィアン 社 に 出所 を 有 するかのように 宣伝広告 を 行 っている 。

しかし , 原告 は , 旧 インディアン 社 とは 一切関係 のない 会社 である 。

このような 原告 の 行為 は , 原告 と 一切関係 のない 旧 インディアン 社 の 承

継人 ないしはその 関係者 あるいはその ライセンシー の 業務 であるかのよ

うな 混同 を 生 じさせるお それのあるものであり , 商標法上 , 本来保護 さ

れるべき 性質 のものとはいい 難 い 。

(イ ) そして , このような 原告 の 宣伝広告活動 の 結果 として 原告商標 に 蓄

積 する 信用 は , あくまで 原告 とは 一切関係 のない 旧 インディアン 社 に 対

する 信用 のみであって , 原告 に 対 する 信用 ではないから , 被告標章 を 付

した 商品 が 我 が 国 に 輸入 ・ 販売 されても , 原告 に 対 する 信用 が 害 される

ことはない 。 すなわち , 被告標章 を 付 した 商品 が 我 が 国 に 輸入販売 され

ても , 需要者 は , 旧 インディアン 社 の 承継人 ないしその 関係者 あるいは

その ライセンシー の 業務 に 係 る 商品 であると 出所 を 認識 するものであっ

て , 原告 の 業務 に 係 る 商品 であると 認識 するものではない 。 ゆえに , 実

質的 にみると , 原告商標 の 出所表示機能 が 害 されたとはいえないのであ

る 。 ましてや , 被告 の 輸入 する 本件 オートバイ は 旧 インディアン 社 をそ

の 出所 とするものであるから , 被告標章 を 付 した 商品 が 我 が 国 に 輸入販

売 されても , 原告商標 に 蓄積 された 旧 インディアン 社 に 対 する 信用 は 害

されず , かつ 出所 の 混同 は 起 きない 。 したがって , 本件 オートバイ の 輸

入 により , 原告商標 に 対 する 信用 を 害 することはなく , その 出所表示機

能 が 害 されることはあり 得 ない 。

19
(ウ ) また , 原告 は オートバイ の 製造販売 をしていない 。 被告 が 本件 オー

トバイ を 輸入 したとしても , オートバイ の 製造販売 を 全 く 行 っていない

原告 には , 何 ら 実質的 な 損害 は 生 じない 。

(エ ) さらに , 本件 オートバイ は , 非常 に 高価格 の オートバイ であり , そ

の 価格 は 378 万円以上 もするものであり , ハーレ ー ダビッドソン の 最

上位車種 をも 上回 るほどである 。 そして , 本件 オートバイ は , シリンダ

ー , ピストン , フレーム , サスペンション , ブレーキ のすべての パーツ

について 世界最高水準 のものを 使用 しており , かつ 熟練工 による 手作業

で 一台一 台丁寧 に 製造 されていることから , その 品質及 び 性能 は 価格 に

ふさわしいものである 。

このように , 本件 オートバイ は 高価 かつ 高品質 のものであるから , か

かる オートバイ が 日本市場 に 輸入 されたとしても , 原告又 は 原告商標 の

信用 が 侵害 されるなどということはない 。

(オ ) このように 何 ら 実質的 な 損害 が 生 じていないにもかかわらず , 単 に

同一又 は 類似 した 標章 であると 主張 して , 被告 による 本件 オートバイ の

輸入等 の 行為 の 差止 めを 求 めることは , 原告商標 についての 信用 の 維持

につながるものではなく , また 出所 の 混同 を 防止 するも のでもないから ,

かえって 産業 の 発達 を 阻害 し , 需要者 の 利益 をも 害 するものである 。

イ 被告 の 営業活動 の 正当性

(ア ) 被告 は , 名古屋市 に 本社 を 置 き , 名古屋圏 を 中心 に 輸入車正規販売

及 び 輸入二輪車正規販売 などを 営 む 株式会社 である 。 被告 の 設立 は , 昭

和 54 年 11 月 であり , 平成 23 年 で 開業 31 年 となる 。 売上高 も , 平

成 22 年 3 月期 の 実績 で , 約 125 億円 を 数 える 。

そして , 被告 は , 現 インディアン 社製 の オートバイ のほかにも , 二輪

車 では , トライアンフ ,MV アグスタ ,DUCATI 及 び ベクトリック

ス を 取 り 扱 っている 。 さらに , 四輪車 での 被告 の 取扱車種 は , プジョー ,

20
MINI, ランドローバー , ジャガー ,BMW,VOLVO, アルファ

ロメオ , フィアット , アバルト , サーブ , シトロエン , キャデラック ,

コルベット , シボレー , ケーターハム 及 び ホンダ と , 多岐 にわたる 。

さらに , 被告 は , サービスネットワーク として 愛知県内 に 25 の 拠点

を 有 し , また ,「 トライアンフ 名古屋 イースト / モトスクエア 」,「 プ

ジョー 名東 / 中川 / 一宮 / 大府 / 豊橋 」,「 フィアット ・ アルファロメ

オ 西名古屋 / 名東 / 昭和 / 守山 」,「 アバルト 守山 」,「MINI 名東

/ 守山 / 岡崎 」,「 ホンダカーズ 名東 名東店 / 徳重店 / 日進南店 」,

「 ボルボ ・ カーズ 中川 」,「 名古屋南 BMW」 及 び 「 シトロエン 名東 」

といった , ショールーム を 展開 している 。 加 えて , 被告 は ,「 オートプ

ラネット 名古屋 」 という 名称 で , 国内最大級 の 輸入車 ショールーム を 運

営 している 。

以上 のように , 被告 は , 昭和 54 年 の 創業以来 , 着実 に 輸入車正規販

売及 び 輸入二輪車正規販売業 を 展開 してきたものである 。

(イ ) 本件 オートバイ は , 米国 において , 旧 インディアン 社 の インディア

ン 標 章 に 係 る 権 利 を 承 継 し た Indian Motorcycle International. LLC

( 以下 「IMI」 という 。) から 許諾 を 受 けた 現 インディアン 社 が 製造

販売 したものである 。 すなわち , 米国 コロラド 州連邦地方裁判所 は , 平

成 10 年 ( 1998 年 ), 旧 インディアン 社 が 保有 していた 「 Indian」

ブランドに関する全ての商標権を含む知的財産権及びこれらの

「 Indian 」 ブ ラ ン ド を 利用 し た 第三 者 の 知 的財 産 権 を 一 括 し て IMCOA

L icensing America, Inc. 以下 「IMCOA」 という 。) に 移転 させ


ることを 決定 し ,IMI はその 権利 を 承継 した 。IMI は 現 インディア

ン 社 の 子会社 であり , 現 インディアン 社 は , 上記 のとおり IMI から 許

諾 を 受 けて , インディアン 標章等 を 使用 しているのである 。

現 インディアン 社 は , 米国 において オートバイ を 製造販売 しているが ,

21
その 規模 は 相当 なものであり , 現 インディアン 社 の ディーラー は , 北米

及 び カナダ のみでも 26 社 が 存在 し , 世界 では 33 社 に 及 んでいる 。

また , 現 インディアン 社 製 の オートバイ は , 旧 インディアン 社 の 伝統

を 継承 する オートバイ として , 旧 インディアン 社 製 の オートバイ の 愛好

家 の 間 においても 広 く 認知 されている 。

このように , 現 インディアン 社 は , 正当 な 営業活動 を 行 っているもの

であり , 被告 としても , このような 現 インディアン 社 の 正当 な 営業活動

を 信頼 して オートバイ の ディーラー となったものであるから , その 営業

活動 は 正当 である 。

(ウ ) 被告 は , 平成 20 年 4 月 , 二輪部門 を 開設 し , トライアンフ を 二輪

初 の ブランド として 取扱 いを 開始 したが , その 数年前 から ハーレダビッ

ドソン の 取扱 いに 向 けた 活動 を 行 っていた 。 その 活動 の 中 , 被告 は , 平

成 21 年初 めころ , 現 インディアン 社 によって インディアンブランド が

再度 立 ち 上 げられたということを 知 った 。

被告代表者 は , 米国 において 1901 年創立 の インディアン という オ

ートバイ ・ ブランド が 存在 していたことは 古 くから 知 っていた 。 そこで ,

被告 は , 帝国 データバンク に 対 し , 現 インディアン 社 の 調査 を 依頼 する

こととした 。 その 結果 , 現 インディアン 社 が , 既 に オートバイ の 製造 を

開始 していること , インディアン に 関 するすべての 知的財産権 の 獲得 を

していることが 判明 したことから , 被告 は , 現 インディアン 社 が 取引 を

開始 するに 足 る 信用 のある 会社 であると 判断 し , 平成 21 年春 から コン

タクト を 取 り 始 め た 。

被告 は , 平成 21 年 8 月 , 新規 ディーラー 申請書 を 現 インディアン 社

に 提出 し , 同年 11 月 , 現 インディアン 社 の 本社 を 訪問 し , 本社 , 工場

及 び 直営 ショップ を 見学 し , 経営陣 との ミーティング を 行 った 。 この 際 ,

被告 は , 現 インディアン 社 の ディーラー 開発部長 である B より ,「 現 イ

22
ンディアン 社 の 創立 に 当 たり , 同社会長 の C 及 び 同社社長 の D の 2 名 が

2004 年 に 旧 インデ ィアン 社 の 知的財 産権 ( 商標 を 含 むすべての 権

利 ) を 購入 した 」 旨 の 説明 を 受 けた 。 被告 は , これにより 帝国 データバ

ンク の 調査 が 裏付 けられたものと 考 え , 現 インディア ン 社 に 対 し , 正式

に 我 が 国 における 総代理店 としての 申請 を 行 った 。 被告 は , 平成 22 年

1 月 , 現 インディアン 社 との 間 で ディーラー 合意書 を 締結 した 。

このように , 被告 は 必要 な 調査 を 行 った 上 で , オートバイ の ディーラ

ー となったものであるから , その 営業活動 は 正当 なものであり , 保護 さ

れるべき 必要性 は 高 い 。

ウ 以上 のとおり , 原告商標 は 旧 インディアン 社 の 商標 に 由来 するものであ

り , 被告 は 旧 インディアン 社 の インディアン 標章 を 正当 に 承継 した IMI

が 許諾 する オートバイ を 輸入 するものである 。 被告 による 被告標章 1 ? 5

の 使 用 によって 原告独自 の 信用 が 害 されることはあり 得 ず , 原告 が 原告 の

商標権 に 基 づく 差止請求権 を 行使 することは , 正義公平 の 理念 に 反 し , 国

際的 な 商標秩序及 び 公正 な 競争秩序 を 害 するものとして , 権利 の 濫用 であ

ることは 明 らかである 。

( 原告 の 主張 )

ア 被告 の 主張 ア ( ア ) のうち , 原告 が 旧 インディアン 社 とは 一切関係 のない

会社 であることは 認 め , その 余 は 否認 し 争 う 。 同 ア ( イ ) 及 び ( ウ ) は 否認 し

争 う 。 同 ア ( エ ) 第 1 段落 は 知 らない , 第 2 段落 は 否認 し 争 う 。 同 ア (オ ) は

争 う 。 同 イ ( ア ) のうち , 被告 が 名古屋市 に 本社 を 置 くことは 認 め , その 余

は 知 らない 。 同 イ ( イ ) のうち ,IMI が 旧 インディアン 社 の インディアン

標章 に 係 る 権利 を 承継 したことは 否認 し , その 余 は 知 らない 。 同 イ (ウ ) の

うち , 第 1 ? 3 段落 は 知 らない , 第 4 段落 は 否認 し 争 う 。 同 ウ は 争 う 。

被告 は , 旧 インディアン 社 の インディアン 標章 に 対 する 商標権 が 存続 し ,

同商標 に 対 するのれんが 存続 し , これらが IMI に 譲渡 されたとするが ,

23
旧 インディアン 社 が 有 した 商標 は , 全 て 消滅 し , 何人 にも 譲渡 されなかっ

た ( 甲 9 ? 17 )。 仮 に , その 商標 にのれんが 付随 していたとしても , の

れんも 消滅 した 。 被告 の 主張 はその 前提 において 誤 っている 。

コロラド 連邦地方裁判所 の 決定 は , 財団 の 管財人 が 承認 を 求 めた 契約 の

案 ( 乙 8 ) を 承認 したものにすぎず , 裁判所 がかかる 決定 をしたのではな

い。

イ 原告 は 自己 の 商品 が 旧 インディアン 社 に 出所 を 有 するかのような 宣伝広

告 はしていない 。 かつて 存在 したが , 今 から 60 年 も 前 に 既 に 倒産 し 操業

停止 した 会社 の 既 に 消滅 した 商標 を マーチャンダイジングブランド の 核 と

して 採択 し , 商標登録 をし , マーチャンダイジングビジネス を 展開 する 行

為 は , 正当 な 行為 であり , 何 ら 批判 する 余地 はない 。 また ,IMI は , 旧

インディアン 社 の 商標権 を 承継 したのではなく , カリフォルニア 州法人 で

ある Indian Motorcycle, Incが 有 した 商標 に 対 する 第 12 類 の 商標権 を 新

インディアン 社 , IMCOA を 経由 して 取得 したにすぎず , 旧 インディア

ン 社 の 承継人 ではない 。

被告 は , 輸入業者 として 本件 オートバイ の 輸入販売 が 我 が 国 における 他

者 の 商標権 を 侵害 しないことを 事前 に 調査 し 確認 してから 輸入 すべきであ

るのに , これを 全 く 怠 り , その 結果 , 原告商標 に 対 する 商標権侵害 を 行 う

に 至 ったのである 。

ウ 原告 は , 正当 に 日本市場 に 「 Indian 」 ブランド を 導入 し , 展開 し , 我 が

国 における 「 Indian」 ブランド の 正規 の 出所 として , 市場 で 確固 として 認

められている 。

第3 当裁判所 の 判断

1 原告商標 1 ? 3 と 被告標章 1 ? 3 及 び 5 との 類否 ( 争点 1 ) について

(1) 原告商標 1 ? 3

ア 原告商標 1 ? 3 は , 次 のとおりである 。

24
原告商標 1




原告商標 2




原告商標 3




イ 原告商標 1 及 び 3

原告商標 1 及 び 3 は , ほぼ 同一 の 商標 である 。

原告 商標 1 及 び 3 は , 北米 イン ディアン の 頭部 の 図形 ( その 一部 に 文字

を 含 む。 以 下, 単に 「図 形 部 分」と い う。 )と そ の下 部に 記 載さ れ た

「 Indian Motocycle Co.,Inc. の 欧文字 ( 筆記体風 の 文字 。 以下 「 文字


部分 」 という 。 ) から 成 る 図形 と 文字 の 結合商標 である 。

図形部分 の 北米 インディアン の 顔 は 右向 き で やや 上向 きの 横顔 が 描 かれ ,

首 には 首飾 りをつけ , また 横 に 垂 らした 頭髪 は 輪状 の 用具 で 纏 められて い

る 。 頭頂前部 から 後頭部 にかけては 羽根飾 り ( ヘッドドレス ) を 被 ってい

るが , 羽根飾 りの 長 さは 長 く , 描 かれた 頭部 の 幅 の 約 3 倍 ほどの 長 さ で 顔

の 向 きとは 反対 の 左側 へ 向 けて , たなびくように 緩 やかに 斜 め 下 へ 向 けて

傾斜 し , その 下部 は 水平 に 揃 っている 。 また , 羽根飾 りの 中央部分 には 欧

文字 ( 筆記体風 の 文字 ) で 「 Indian」 とやや 大 きく 描 かれている 。

文字部分 は , 上記 「 Indian Motocycle Co.,Inc. の 欧文字 ( 筆記体風


の 文字 ) が 北米 インディアン の 頭部及 び 羽根飾 り 全体 の 横幅 とほぼ 同 じ 長

25
さで 図形 の 下 に 比較的小 さな 文字 ( 羽根飾 りの 文字 の 高 さの 2 分 の 1 ない

し 3 分 の 1 程度 の 大 きさ ) で 記載 されている 。

ウ 原告 商標 2

原 告商標 2 は , 北米 インディアン の 頭部 の 図形 及 びその 図形中 の 文字 か

ら 成 る 商標 である 。

北米 インディアン の 顔 は 右向 きでやや 上向 きの 横顔 が 描 かれ , 首 には 首

飾 りをつけ , また 横 に 垂 らした 頭髪 は 輪状 の 用具 で 纏 められている 。 頭頂

前部 から 後頭部 にかけては 羽根飾 り ( ヘッドドレス ) を 被 っているが , 羽

根飾 りの 長 さは 長 く , 描 かれた 頭部 の 幅 の 約 3 倍 ほどの 長 さで 顔 の 向 きと

は 反対 の 左側 へ 向 けて , たなびくように 緩 やかに 斜 め 下 へ 向 けて 傾斜 し ,

その 下部 は 水平 に 揃 っている 。 また , 羽根飾 りの 中央部分 には 欧文字 ( 筆

記体風 の 文字 ) で 「 Indian」 とやや 大 きく 描 かれている 。

(2) 被告標章 1 ? 3 及 び 5

ア 被告標章 1

被告標章 1 は , 別紙被告標章目録 1 のとおりであり , 北米 インディアン

の 頭部 の 図形 ( その 一部 に 文字部分 を 含 む 。 ) から 成 る 標章 である 。

北米 インディアン の 顔 は 右向 き で やや 上向 きの 横顔 が 描 かれ , 首 には 首

飾 りをつけ , また 横 に 垂 らした 頭髪 は 輪状 の 用具 で 纏 められている 。 頭頂

前部 から 後頭部 にかけては 羽根飾 り ( ヘッドドレス ) を 被 っているが , 羽

根飾 りの 長 さは 長 く , 描 かれた 頭部 の 幅 の 約 3 倍 ほどの 長 さで 顔 の 向 きと

は 反対 の 左側 へ 向 けて , たなびくように 緩 やかに 斜 め 下 へ 向 けて 傾斜 し ,

その 下部 は 切 りそろえられたように 水平 に 揃 っている 。 また , 羽根飾 りの

中央部分 には 欧文字 ( 筆記体風 の 文字 ) で 「 Indian」 とやや 大 きく 描 かれ

ている 。

イ 被告標章 2

「 Indian」 の 文字商標 であるが , 欧文字 ( 筆記体風 の 文字 ) を 横書 きに

26
して 成 るものである 。 なお , 別紙被告標章目録 では , 文字 が ピンク 色 に 着

色 されているが , 原告 が 色 を 同色 に 限定 する 趣旨 とは 解 されない 。

ウ 被告標章 3

被告標章 1 に 色彩 を 施 した 標章 であり , 北米 インディアン の 頭部 の 図形

( その 一部 に 文字部分 を 含 む 。) から 成 る 標章 である 。

北米 インディアン の 顔 は 右向 き で やや 上向 きの 横顔 が 描 かれ , 首 には 首

飾 りをつけ , また 横 に 垂 らした 頭髪 は 輪状 の 用具 で 纏 められている 。 頭頂

前部 から 後頭部 にかけては 羽根飾 り ( ヘッドドレス ) を 被 っているが , 羽

根飾 りの 長 さは 長 く , 描 かれた 頭部 の 幅 の 約 3 倍 ほどの 長 さで 顔 の 向 きと

は 反対 の 左側 へ 向 けて , たなびくように 緩 やかに 斜 め 下 へ 向 けて 傾斜 し ,

その 下部 は 水平 に 揃 っている 。 また , 羽根飾 りの 中央部分 には 欧文字 ( 筆

記体風 の 文字 ) で 「 Indian」 とやや 大 きく 描 かれている 。

北米 インディアン の 顔及 び 羽根飾 りの 先端部近 くは 赤 く 着色 され , 羽根

飾 りのほぼ 中央 部分 の 「 Indian」 の 文字 の 周辺 は 草色 に 着色 されている 。

エ 被告標章 5

「 Indian」 と 「 MOTORCYCLE」 の 欧文字 から 成 る 文字標章 である 。

「 Indian」 の 筆記体風 の 文字 は 比較的大 きく 横書 きされ ,「 I 」 の 文字

の 上部及 び 下部 の 文字 の 始点及 び 終点 の 部分 は 湾曲 して 飾 り 文字風 とされ

ている 。 また 「 n 」「 d 」「 a 」「 n 」 の 各文字 の 直線部分 には 小 さな 突起 が

配 され , 飾 り 文字風 とされている 。 また , 文字全体 について 文字 の 輪郭線

の 外側 に 細 い 線 が 文字 の 輪郭線 に 沿 って 描 かれている 。

「 MOTORCYCLE」 の 文字 は , ゴシック 体 の 比較的小 さな 文字 であり , 文字

の 間隔 が 文字 の 大 きさに 比較 して 大 きいことも 相 まって , 全体 のまとまり

がなく , 印象 が 薄 いものとなっている 。

(3) 原告商標 1 ? 3 と 被告標章 1 ? 3 及 び 5 の 対比

ア 原告商標 1 及 び 3 と 被告標章 1 との 対比

27
(ア ) 原告商標 1 及 び 3 の 図形部分 と 被告標章 1 は , いずれも 北米 インデ

ィアン の 顔 は 右向 き で やや 上向 きの 横顔 が 描 かれ , 首 には 首飾 りをつけ ,

また 横 に 垂 らした 頭髪 は 輪状 の 用具 で 纏 められている 。 頭頂前部 から 後

頭部 にかけては 羽根飾 り ( ヘッドドレス ) を 被 っているが , 羽根飾 りの

長 さは 長 く , 描 かれた 頭部 の 幅 の 約 3 倍 ほどの 長 さで 顔 の 向 きとは 反対

の 左側 へ 向 けて , たなびくように 緩 やかに 斜 め 下 へ 向 けて 傾斜 し , その

下部 は 水平 に 揃 っている 点 も 共通 である 。 さらに , 羽根飾 りの 中央部分

には 欧文字 ( 筆記体風 の 文字 ) で 「 Indian」 とやや 大 きく 描 かれている

点 も 同 じである 。 相違 するのは , 羽根 の 先端 の 形状等 の 細部 のみである 。

原 告 商 標 1 及 び 3 に は , 被 告 標 章1 と 異 な り , 図 形 部 分 の 下 に

「 Indian Motocycle Co.,Inc. の 欧文字 ( 筆記体風 の 文字 ) が 記載 さ


れているが , この 文字自体 は 比較的小 さく , 図形部分 の 印象 が 強 いため ,

見 る 者 に 大 きな 印象 を 与 えることはない 。

したがって , 原告商標 1 及 び 3 と 被告標章 1 の 外観 は 類似 する 。

(イ ) 原告商標 1 及 び 3 の 図形部分 と 被告標章 1 は , いずれも 北米 インデ

ィアン の 横顔 の 図柄 であり , かつ , 羽根飾 りの 中央 部分 に 比較的大 きく

「 Indian」 の 文字 が 記載 されているところから ,「 インディアン 」 との

称呼 が 生 じ る 。 また , 原告商標 1 及 び 3 の 下部 の 文字部分 から ,「 イン

ディアン モトサイクル 」 との 称呼 が 生 じる 。 原告 商標 1 及 び 3 の 図形

部分 から 生 じる 称呼 と 被告標章 1 の 称呼 は 同一 であ り , 原告商標 1 及 び

3 の 文字部分 から 生 じる 称呼 と 被告標章 1 の 称呼 はその 一部 が 共通 する

から , 原告商標 1 及 び 3 と 被告標章 1 の 称呼 は 類似 す る 。

(ウ ) 原告商標 1 及 び 3 は , その 図形部分 から , 北米 インディアン の 観念

が 生 じ , その 文字部分 からは , 北米 インディアン にちなんだ モトサイク

ル の 会社 との 観念 が 生 じる 。 一方 , 被告標章 1 からは 北米 インディアン

観念 が 生 じる 。

28
したがって , 原告商標 1 及 び 3 と 被告標章 1 の 観念 は 類似 する 。

(エ ) 以 上 によれば , 原告商標 1 及 び 3 と 被告標章 1 は , 外観称呼及 び

観念 のいずれにおいても 類似 するから , 原告商標 1 及 び 3 と 被告標章 1

は 類似 する 。

イ 原告商標 1 及 び 3 と 被告標章 2 の 対比

(ア ) 原告商標 1 及 び 3 の 図形部分 と 被告標章 2 を 対比 すると , その 外観

においては , 原告商標 1 及 び 3 の 図形部分 の 羽根飾 り 中央 に 記載 された

「 Indian」 の 文字 と 被告標章 2 はほぼ 同一 であるが , 原告商標 1 及 び 3

は 図形部分 の 与 える 印象 が 強 いため , 原告商標 1 及 び 3 の 図形 と 被告標

章 2 が 外観 において 類似 するとはいえない 。

ま た , 原告商標 1 及 び 3 の 文字部分 「 Indian Motocycle Co.,Inc.


は 「 Indian」 の 部分 を 含 むものの ,「 Motocycle Co.,Inc.」 の 文字部分

も 含 むため , 原告商標 1 及 び 3 の 文字部分 と 被告標章 2 が 外観 において

類似 するとはいえない 。

したがって , 原告商標 1 及 び 3 と 被告標章 2 は 外観 において 類似 しな

い。

(イ ) 上記 ア (イ )のとおり , 原告商標 1 及 び 3 の 図形部分 からは 「 インデ

ィアン 」 との 称呼 が 生 じ , その 文字部分 からは 「 インディアン モトサ

イクル 」 との 称呼 が 生 じる 。 一方 , 被告標章 2 からは 「 インディアン 」

との 称呼 が 生 じる 。

したがって , 原告商標 1 及 び 3 と 被告標章 2 は 称呼 において 類似 する 。

(ウ ) 原告商標 1 及 び 3 は , その 図形部分 から , 北米 インディアン の 観念

が 生 じ , その 文字部分 からは , 北米 インディアン にちなんだ モト サイク

ル の 会社 との 観念 が 生 じる 。 被告標章 2 からは , 北米 インディアン の 観

念 が 生 じる 。

したがって , 原告商標 1 及 び 3 と 被告標章 2 の 観念 は 類似 する 。

29
(エ ) 以上 によれば , 原告商標 1 及 び 3 と 被告標章 2 は , 称呼及 び 観念

おいて 類似 する 。 また , 外観 においては 非類似 であるものの , 原告商標

1 及 び 3 もその 一部 に 「 Indian」 の 文字 を 含 むものであるため , その 外

観 の 相違 をそれほど 大 きいものとみることはできない 。 原告商標 1 及 び

3 と 被告標章 2 は 類似 する 。

ウ 原告商標 1 及 び 3 と 被告標章 3 との 対比

(ア ) 原告商標 1 及 び 3 の 図形部分 と 被告標章 3 は , いずれも 北米 インデ

ィアン の 顔 は 右向 き , やや 上向 きの 横顔 が 描 かれ , 首 には 首飾 りをつけ ,

また 横 に 垂 らした 頭髪 は 輪状 の 用具 で 纏 められている 。 頭頂前部 から 後

頭部 にかけては 羽根飾 り ( ヘッドドレス ) を 被 って いるが , 羽根飾 りの

長 さは 長 く , 描 かれた 頭部 の 幅 の 約 3 倍 ほどの 長 さで 顔 の 向 きとは 反対

の 左側 へ 向 けて , たなびくように 緩 やかに 斜 め 下 へ 向 けて 傾斜 し , その

下部 は 切 りそろえられたように 水平 に 揃 っている 点 も 共通 である 。 さら

に , 羽根飾 りの 中央部分 には 欧文字 ( 筆記体風 の 文字 ) で 「 Indian」 と

やや 大 きく 描 かれている 点 も 同 じである 。 相違 するのは , 色彩 の 有無及

び 羽根 の 先端 の 形状等 の 細部 である 。

原告商標 1 及 び 3 の 図形部分 と 被告標章 3 とは , いずれも 北米 インデ

ィアン に 関 する 印象的 な 図柄 であり , 色彩 の 有無及 び 羽根 の 先端 の 形状

等 の 細部 で 相違 しているとしても , 外観 は 類似 しているものといえる 。

被告標章 3 には 図形部分 の 下部 に 文字部分 はなく , 原告商標 1 及 び 3

とこの 点 において 異 なるが , 図形部分 の 印象 が 強 いため , 原告商標 1 及

び 3 の 文字部分 は 全体 の 外観 に 大 きな 影響 を 与 えるものではない 。

したがって , 原告商標 1 及 び 3 と 被告標章 3 の 外観 は 類似 する 。

(イ ) 上記 ア (イ )のとおり , 原告商標 1 及 び 3 の 図形部分 からは 「 インデ

ィアン 」 との 称呼 が 生 じ , その 文字部分 からは 「 インディアン モトサ

イクル 」 との 称呼 が 生 じる 。 被告標章 3 には , 羽根飾 り の 中央部分 に

30
「 Indian」 の 文字 があり ,「 インディアン 」 との 称呼 を 生 じる 。

したがって , 原告商標 1 及 び 3 と 被告標章 3 は 称呼 において 類似 する 。

(ウ ) 原告商標 1 及 び 3 は , その 図形部分 から , 北米 インディアン の 観念

が 生 じ , その 文字部分 からは , 北米 インディアン に ちなんだ モトサイク

ル の 会社 との 観念 が 生 じる 。 被告標章 3 からは , 北米 インディアン の 観

念 が 生 じる 。

したがって , 原告商標 1 及 び 3 と 被告標章 3 の 観念 は 類似 する 。

(エ ) 以上 によれば , 原告商標 1 及 び 3 と 被告標章 3 は 外観称呼観念

のいずれにおいても 類似 するから , 原告商標 1 及 び 3 と 被告標章 3 は 類

似 する 。

エ 原告標章 1 及 び 3 と 被告標章 5 との 対比

(ア) 原告標章1及び3にはその図形部分の羽根飾りの中央部分に

「 Indian」 の 文字 があり , また 文字部分 には 「 Indian Motocycle」 との

記載 がある 。 他方 , 被告標章 5 は 「 Indian」 の 比較的大 きな 欧文字 ( 筆

記体風 の 文字 ) とその 下部 の 比較的小 さな 「 MOTORCYCLE」 の 文字 から 成

り , それぞれの 文字部分 のみを 比較 すれば , 原告商標 1 及 び 3 と 被告標

章 5 は 類似 する 部分 がある 。 しかし , 原告商標 1 及 び 3 はその 図形 の 印

象 が 強 いから , 図形 部分中 の 文字部分 と の 共通性 があるからといって ,

全体 としては 外観 が 類似 しているとはいえない 。

(イ ) 上記 ア (イ )のとおり , 原告商標 1 及 び 3 の 図形部分 からは , 「 イン

ディアン 」 との 称呼 が 生 じ , その 文字部分 からは 「 インディアン モト

サイクル 」 との 称呼 が 生 じる 。 他方 , 被告標章 5 からは , 比較的大 きい

装飾文字 のみに 注目 した 「 インディアン 」 又 は 全体 に 着目 した 「 インデ

ィアンモーターサイクル 」 の 称呼 が 生 じる 。

(ウ ) 原告商標 1 及 び 3 は , その 図形部分 から ,「 北米 インディアン 」 の

観念 が 生 じ , その 文字部分 からは ,「 北米 インディアン にちなんだ モト

31
サイクル の 会社 」 との 観念 が 生 じる 。 被告標章 5 からは , 比較的大 きい

装飾文字 のみに 注目 した 「 北米 インディアン 」 の 観念又 は 全体 に 着目 し

た 「 北米 インディアン にちなんだ モーターサイクル の 会社 」 との 観念

生 じる 。 原告商標 1 及 び 3 と 被告標章 5 の 観念 は 類似 する 。

(エ ) 以上 によれば , 原告商標 1 及 び 3 と 被告標章 5 は , 称呼及 び 観念

おいて 類似 する 。 その 外観 は 類似 しないが , 上記 ( ア ) のとおり , 外観

一部 であ る 文字部分 には 共通性 があり , 外観 の 相違 をそれほど 大 きいも

のとみることはできない 。 したがって , 原告商標 1 及 び 3 と 被告標章 5

は 類似 する 。

オ 原告商標 2 と 被告標章 1 の 対比

(ア ) 上記 (1)ウ 及 び (2)ア のとおり , 原告商標 2 と 被告標章 1 の 外観 はほ

ぼ 同一 である 。

(イ ) 原告商標 2 と 被告標章 1 は , いずれも 「 インディアン 」 の 称呼 を 生

じるから , 称呼 は 同一 である 。

(ウ ) 原告商標 2 と 被告標章 1 は , いずれも 「 北米 インディアン 」 の 観念

を 生 じるから , 観念 は 同一 である 。

(エ ) 以上 によ れば , 原告商標 2 と 被告標章 1 は , 同一又 は 類似 である 。

カ 原告商標 2 と 被告標章 2 の 対比

(ア) 原告商標 2 と 被告標章 2 を 対比 すると , その 外観 においては , 原告

商標 2 の 図形部分 の 羽根飾 りの 中央 に 記載 された 「 Indian」 の 文字 と 被

告標章 はほぼ 同一 であるが , 原告商標 2 はその 文字部分以外 の 図形部分

の 与 える 印象 が 強 いため , 原告商標 2 と 被告標章 2 が 外観 において 類似

するとはいえない 。

( イ) 上記 オ (イ ) のとおり , 原告商標 2 からは 「 インディアン 」 との 称呼

が 生 じ , 一方 , 被告標章 2 からも 「 インディアン 」 との 称 呼 が 生 じる 。

したがって , 原告商標 2 と 被告標章 2 は 称呼 において 同一 である 。

32
(ウ ) 上記 オ (ウ )のとおり , 原告商標 2 からは , 北米 インディアン の 観念

が 生 じ , 被告標章 2 からも , 北米 インディアン の 観念 が 生 じる 。

したがって , 原告商標 2 と 被告標章 2 の 観念 は 同一 である 。

(エ ) 以上 によれば , 原告商標 2 と 被告標章 2 は , 称呼及 び 観念 において

同一 である 。 また , 外観 においては 非類似 であるものの , 原告商標 2 の

羽根飾 りの 中央 に 「 Indian」 の 文字 を 含 むものであるため , その 外観

相違 をそ れほど 大 きいものとみることはできない 。 原告商標 2 と 被告標

章 2 は 類似 する 。

キ 原告商標 2 と 被告標章 3 の 対比

(ア ) 原告商標 2 と 被告標章 3 を 対比 すると , その 色彩及 び 羽根飾 りの 先

端等 の 形状 などの 細部 においては 異 なるものの , 外観 は 類似 している 。

( イ) 前記 オ (イ ) のとおり , 原告商標 2 からは 「 インディアン 」 の 称呼

生 じ , 被告標章 3 から も 「 インディアン 」 との 称呼 が 生 じる 。

したがって , 原告商標 2 と 被告標章 2 は 称呼 において 同一 であ る 。

(ウ ) 前記 オ (ウ )のとおり , 原告商 標 2 は , 北米 インディアン の 観念 が 生

じ , 被告標章 3 から も , 北米 インディアン の 観念 が 生 じる 。

したがって , 原告商標 2 と 被告標章 3 の 観念 は 同一 であ る 。

(エ ) 以上 によれば , 原告商標 2 と 被告標章 3 は , 称呼及 び 観念 において

同一 であり , 外観 も 類似 してい る 。

したがって , 原告商標 2 と 被告標章 3 は 類似 する 。

ク 原告商標 2 と 被告標章 5 との 対比

(ア ) 原告標章 2 は , 羽根飾 りの 中央部分 に 「 Indian」 の 文字 がある 。 他

方 , 被告標章 5 は 「 Indian」 の 比較的大 きな 欧文字 ( 筆記体 風 の 文字 )

とその 下部 の 比較的小 さな 「 MOTORCYCLE」 の 文字 から 成 り , それぞれの

文字部分 のみを 比較 すれば , 原告商標 2 と 被告標章 5 は 類似 する 部分 が

ある 。 しかし , 原告商標 2 は 「 Indian」 の 文字部分 を 除 くその 余 の 図形

33
部分 の 印象 が 強 いから , 図形中 の 文字部分及 び 文字部分 の 共通性 がある

からといって , 全体 としては 外観 が 類似 しているとはいえない 。

(イ ) 上記 オ (イ )のとおり , 原告商標 2 からは ,「 インディアン 」 との 称

呼 が 生 じ , 被告標章 5 からは , 比較的大 きい 装飾文字 の みに 注目 した

「 インディアン 」 又 は 全体 に 着目 した 「 インディアンモ ーターサイク

ル 」 の 称呼 が 生 じる 。 そうすると , 原告商標 2 と 被告標章 5 は 称呼 にお

いて 類似 する 。

(ウ ) 上記 オ (ウ )のとおり , 原告商標 2 からは ,「 北米 インディアン 」 の

観念 が 生 じ , 被告標章 5 からは , 比較的大 きい 装飾文字 のみに 注目 した

「 北米 インディアン 」 の 観念又 は 全体 に 着目 した 「 北米 インディアン に

ちなんだ モーターサイクル の 会社 」 との 観念 が 生 じる 。 したがって , 原

告商標 2 と 被告標章 5 の 観念 は 類似 する 。

(エ ) 以上 によれば , 原告商標 2 と 被告標章 5 は , 称呼及 び 観念 において

類似 する 。 その 外観 は 類似 しないが , 上記 ( ア ) のとおり , 外観 の 一部 で

ある 文字部分 には 共通性 があり , 外観 の 相違 をそれほど 大 きいものとみ

ることはできない 。 したがって , 原告商標 2 と 被告標章 5 は 類似 する 。

2 原告商標 1 ? 3 と 被告標章 4 との 類 否 ( 争点 2 ) について

(1) 被告標章 4

被告標章 4 は , 図形 と 文字 の 結合商標 であり , 星形 の 縁取 りをした 模様 の

上 に , 金髪 の 若 い 女性 が 描 かれている 。 女性 の 顔 と 上半身 は やや 右斜 め 前 を

向 き , 下半身 は ほぼ 横向 きであり , 右足 の 大腿部 と 左足 の 大腿部 が 上下 にや

やずれた 形 で 座 っているような 形 である 。 女性 は 右足 の 大腿部 をやや 上方向

へ 向 け , 左足 の 大腿部 をやや 下向 き 方向 へ 下 げ , 右足 の 膝 から 下 は 右足 の 大

腿部 とは 約 45 度 の 角度 に 折 り 曲 げ , 左足 の 膝 から 下 は 左足 の 大腿部 とほぼ

重 なるように 曲 げ , 肩 から 下 が 露出 した 右手 を 腰 のあたりに 添 えている 。 女

性 は , 上半身 は タンクトップ の 白 い 衣類 をまとい , 下半身 の スカート は 青色

34
で 大腿部 から 下 が 露出 している 。 女性 と 星形 の 間 に 赤色 の 文字 が 描 かれ , 文

字 は 女性 の 上半身 の 左側 に 「 I 」 の 文字 , 女性 の 上半身 の 右側 に 「 ian」 の 3

文字 が 看取 できるが , その 間 の 文字 は 女性 の 上半身 の 後方 として 描 かれてい

るため , 文字 の 縦線 の 一部 しか 見 えず , いかなる 文字 かは 読 み 取 れない 。

(2) 原告商標 1 ? 3 と 被告標章 4 との 対比

ア 原告商標 1 ? 3 は , 前記 1 (1)のとおり , 北米 インディアン の 横顔 と 羽

根飾 りを 描 いた 図形 が 中心 であり , 羽根飾 りの 中央 には 「 Indian」 の 欧文

字 ( 筆記体風 の 文字 ) が , さらに , 原告商標 1 及 び 3 については , 図形 の

下 に 「 Indian Motocycle Co.,Inc. の 欧文字 ( 筆記体風 の 文字 ) が 小 さ


く 記載 されている 。

したがって , 原告商標 1 ? 3 においては , 北米 インディアン の 横顔及 び

羽根飾 りが 外観 の 中心 を 成 すのに 対 し , 被告標章 4 は 星形 とその 上 に 描 か

れた 若 い 女性 の 姿 が 中心 を 成 すものであって , 両者 の 外観 は 異 なり , 類似

しない 。

イ 原告商標 1 及 び 3 からは 「 インディアン 」 又 は 「 インディアンモトサイ

クル 」 の 称呼 が , 原告商標 2 からは 「 インディアン 」 の 称呼 が 生 じるのに

対 し , 被告標章 4 は 文字 の 一部 が 女性 の 後方 に 隠 れており , 読 み 取 ること

ができる 分断 された 「 I」 と 「 ian」 の 文字 からは , これを 結合 させた 称呼

が 生 じることはなく , 原告商標 1 ? 3 と 被告標章 4 の 称呼 は 類似 しない 。

ウ 原告商標 1 及 び 3 からは ,「 北米 インディアン 」 又 は 「 北米 インディア

ン にちなんだ モトサイクル の 会社 」 との 観念 が 生 じ , 原告商標 2 から は

「 北米 インディアン 」 との 観念 が 生 じる 。 被告商標 4 からは ,「 星 と 若 い

女性 」 との 観念 が 生 じる 。 したがって , 両者 の 観念 は 類似 しない 。

エ 以上 によれば , 原告商標 1 ? 3 と 被告標章 4 は , 外観称呼観念 のい

ずれにおいても 類似 せず , 原告商標 1 ? 3 と 被告標章 4 は 類似 しない 。

(3) ア 原告 は , 被告標章 4 について , 女子 の 図形 に 一部隠 された 筆記体 の 欧

35
文字 は , 語頭 の 「 I 」 及 び 末尾 の 「 ian 」 が 明瞭 に 読 みと れて ,「 I 」 の 右

に 「 n 」 の 左半分 と 読 みとれる 要素及 び 「 ian 」 の 左 に 「 d 」 の 右 の 縦線 と

読 みとれる 要素 があるから , 被告標章 4 に 接 した 需要者 は , 女子 の 図形 に

一部隠 された 筆記体 の 欧文字 が 「 Indian」 であると , 容易 に 認識 する 旨主

張 した 上 で ,「 女子 の 図形 」,「 Indian」 の 欧文字及 び 「 星 の 図形 」 は ,

一体不可分 のものとしてのみ 把握 しなければならないものではないから ,

「 Indian」 に 対応 して ,「 インディアン 」 の 称呼及 び 「 北米先住民 」 の 観

念 が 生 ずる 旨主張 する 。

原告 の 主張 は , 被告標章 4 についての , 取引 の 実 情 に 照 らせば , たとえ

被告標章 4 の 文字 の 一部 が 隠 れていたとしても , 取引者 ・ 需要者 は , これ

を 「 Indian」 の 文字 と 認識 し , そこから 「 インディアン 」 の 称呼及 び 「 北

米先住民 」 の 観念 が 生 じるとするものと 解 される 。

イ そこで , 被告標章 4 の 使用状況 について 検討 する 。

(ア ) 被告 の 平成 22 年 3 月現在 の オートバイ の カタログ ( 甲 6 の 2 ) は ,

その 表紙 に インディアン の 横顔及 び 羽根飾 りを 形取 った 立体形 の エンブ

レム を 装着 した 被告 オートバイ の 拡大写真 が 掲載 され , その 左上部 には ,

比較的大 きく 被告標章 5 が 掲載 されている 。 裏表紙 には , 羽根飾 りをか

ぶった インディアン の 横顔 を 黒 い ドーナツ 形 の 円 で 囲 み , 囲 み 円 の 中 に

は 「 INDIAN MOTORCYCLE・ 1901 ・ 」 の 文字 が 円形 に 記載 された 標章 ( 以

下 「 円形 ロゴ 」 という 。) がその 中央 に 大 きく 掲載 されている 。 2 枚目

( 以下 , 甲 6 の 2 の 写 しの 枚数 で 示 す 。) の 被告 オートバイ の 写真 によ

れば , 被告 オートバイ の 一機種 には , オイルタンク 部分 に 被告標章 1 が

描 かれており , さらに 円形 ロゴ の 写真 が 掲載 されている 。 3 枚目 の 被告

オートバイ の 写真 によれ ば , 被告 オートバイ の 一機種 には , オイルタン

ク 部分 に 被告標章 2 が 描 かれており , また , スピードメーター の 中心上

部 には , 被告標章 5 が 描 かれている 。 4 枚目 の 被告 オートバイ の 写真 に

36
よれば , 被告 オートバイ の 一機種 には , エンジン 部分 の カバー に 被告標

章 2 が 描 かれている 。 5 枚目 の 被告 オートバイ の 写真 によれば , 被告 オ

ートバイ の 一機種 には , オイルタンク 部分 に 被告標章 2 が 描 かれており ,

カタログ の 5 枚目 上部 には 円形 ロゴ が 描 かれている 。 6 枚目 の 被告 オー

トバイ の 写真 によれば , 被告 オートバイ の 一機種 には , オイルタンク 部

分 に 被告標章 3 が 描 かれており , カタログ 6 枚目 の 上部 には 円形 ロゴ が

描 かれている 。 7 枚 目 の 被告 オートバイ の 写真 によれば , 被告 オートバ

イ の 一機種 には , オイルタンク 部分 に 被告標章 4 が 描 かれ , 前輪 カバー

の 下端 には 「 BOMBER」 の 文字 が 記載 されている 。 そして , カタログ 7 枚

目 の 説明 には , 表題 として 「 インディアンモーターサイクル 社 , 限定版

チーフボンバー , ピンナップガールデザインモデル 発表 。」 との 記載 が

あり , その 説明 として ,「 第二次世界大戦中 の ノーズアート を ヒント に ,

ウォーリアグリーンスモーク と ウォーリアシルバースモーク の 車体 に ピ

ンナップガール の デザイン を 施 した , 2010 チーフボンバー 。 レザー

の シート と サドルバック で , ボンバー の ジャケット の 暖 かな 肌触 りと カ

ラー を 再現 した , 1 年間限定 の スペシャルモデル 。」 との 記載 がある 。

8 枚目 の 被告 オートバイ の 写真 によれば , 7 枚目 と 同 じ 被告 オートバイ

の 一機種 である チーフボンバー の 写真 が 掲載 され , その オイルタンク に

は 被告標章 4 が , 前輪 カバー の 下端 には 「 BOMBER」 の 文字 が 描 かれてい

る 。 そして , カタログ 8 枚目上部 には , 円形 ロゴ が 記載 され ,「 PIN UP

G IRL TANK ART」 の 表題 の 下 に , 被告標章 4 と 同 じ 図柄 ( 星形 と 文字 を

除 く 。) の 左向 きの 女性 の 図柄 が 色違 いで 3 つ 描 かれ ている 。 9 枚目 の

被告 オートバイ 写真 によれば , 被告 オートバイ の 一機種 の オイルタンク

には , 被告標章 1 が 金色 で 描 かれており , カタログ 9 枚目 の 上部 には ,

円形 ロゴ が 描 かれている 。 10 枚目 の 被告 オートバイ の 写真 によれば ,

被告 オートバイ の 一機種 の オイルタンク には 被告標章 2 が 描 かれ , カタ

37
ログ 10 枚目 の 上部 には , 円形 ロゴ が 描 かれている 。 11 枚目 の 「 20

10 チーフラインナップ 」 と 題 する 部分 には , 被告 オートバイ 22 機種

の 横向 きの 写真 が 掲載 されているが , そのうち 2 台 の オイルタンク には

被告標章 4 が 描 かれている 。 12 枚目 には 被告標章 2 , 5 や 円形 ロゴ 等

が 掲載 されているが , 被告標章 4 は 掲載 されていない 。

このほか , 原告 が 提出 する 被告 の 東京 ショールーム ( 平成 23 年 4 月

2 日 オープン 〔 甲 24 〕 ) の カタログ 中 には 被告標章 4 を 付 した オート

バイ は 掲載 されておらず , もっとも 頁数 が 多 く 主要 な カタログ と 認 めら

れる 甲 25 に も , 被告標章 4 を 付 した オートバイ は 掲載 されていない 。

ただし , 他 の カタログ ( 甲 26 , 28 ) には , 被告標章 4 を 付 した オー

トバイ が 掲載 されているものもある 。

(イ ) 平成 22 年 10 月 の 被告 ウェブ サイト における 被告 オートバイ の 広

告 ( 甲 7 。 全 22 枚 ) 中 の 12 枚目 と 13 枚目 には , オイルタンク 部分

に 被告標章 4 が 描 かれた オートバイ が 「 チーフボンバー 」 として 紹介 さ

れている 。

このほか , 平成 23 年 2 月 の 被告 ウェブ サイト ( 甲 23 ) には , 取扱

い ブ ラ ン ド 一 覧 と し て , 「 イ ン デ ィ ア ン モ ー タ ー サ イ ク ル/ Indian

M otorcycle」 が 挙 げられ , 被告標章 5 が 付 されている 。 また , 同 ウェブ

サイト 中 の 「 東京 ・ 世田谷 に , インディアン ・ ショールーム が 今春 オー

プン 」 との 記事 には , 被告 オートバイ の 写真 が 添付 されており , その 機

種 は 「 チーフボンバー 」 であって , オートバイ には 被告標章 4 が 付 され

ているものと 考 えられるが , 写真 の 像 が 鮮明 でないため , 被告標章 4 を

明確 に 認識 することはできない 。

ウ 以上 の 証拠関係 によれば , 被告標章 4 が 使用 された オートバイ の カタロ

グ には , 被告標章 1 ? 3 及 び 5 が 掲載 されており , また ,「 インディアン

モーターサイクル 社 」 の 記載 や 円形 ロゴ 等 も 掲載 されているのであるから ,

38
当時 , 同 カタログ を 見 た 取引者 ・ 需要者 , 又 は 同 オートバイ の 購入者等 は ,

たとえ 被告標章 4 の 文字 が 冒頭 の 「 I 」 の 部分 と 末尾 の 「 ian」 の 部分 しか

見 えないとしても , これを 「 インディア ン 」 と 認識 することが 可能 であっ

たと 認 められる 。 しかし , 証拠 からみる 限 り , 被告標章 4 を 付 した 被告 オ

ートバイ は 1 年間 の 限定車種 として 販売 されており , その 後 の 被告 の カタ

ログ を 見 ると , 必 ずしも 販売期間 が 厳格 に 1 年間 に 限定 しているとまでは

認 められない ものの , 少 なくとも , 被告標章 4 を 付 した オートバイ の 販売

が 拡大 しているとは 認 め 難 い 。

そして , カタログ 等 の 説明 なしに , 被告標章 4 を 付 した オートバイ の 現

物 を 見 ただけでは , そこから 「 Indian」 の 文字 を 読 み 取 ることはできない 。

しかも , 被告自身 が 被告標章 4 を 付 した オー トバイ の 名称 としては 「 チー

フボンバー 」 と 名付 け , オートバイ の 前輪 カバー に 「 BOMBER」 の 文字 を 付

して いるのであるから , 被告 標章 4 に 接 した 者 が 広 く , 被告標章 4 か ら

「 インディアン 」 との 称呼又 は 観念 を 呼 び 起 こされたものともいえない 。

以上 の 取引 の 実情 に 照 らせば , 被告標章 4 から 「 インディアン 」 の 称呼

「 北米先住民 」 の 観念 が 生 じるものとは 認 められ ないから , 原告 の 主張 を

採用 することはできない 。

(4) したがって , 被告標章 4 については , その 余 について 判断 するまでもな

く , 商標法 36 条 1 項 に 基 づく 差止請求 及 び 同条 2 項 に 基 づく 廃棄請求 は 理

由 がない 。

3 原告商標 が 無効審判 により 無効 にされるべきものであるか ( 争点 3 ) 及 び 原

告 の 商標権 の 行使 が 権利濫用 に 当 たるか ( 争点 4 ) について

(1) 前提事実 に 加 え , 後掲 の 証拠等 によれば , 以下 の 各事実 がそれぞれ 認 め

られ , これを 覆 すに 足 りる 証拠 はない 。

ア 旧 インディアン 社 の 商標権 に 関 する 事情

(ア ) 旧 インディアン 社 は , 1901 年 ( 明治 34 年 ), 米国 マサチュー

39
セッツ 州 スプリングフィールド において 設立 された 会社 であり , その 製

造販売 した オートバイ に , インディアン 標 章 を 使用 した 。 旧 インディア

ン 社 は , ハーレ ー ダビッドソン と 並 ぶ オートバイメーカー であったが ,

1953 年 ( 昭和 28 年 ), 倒産 により オートバイ の 製造 を 中止 した 。

旧 インディアン 社 の 有 していた 連邦 商標 登録 は , 期間満了 又 は 不使用

消審判請求 のため , いずれも 取 り 消 された 。

( 前提事実 (4)ア , 枝番号 を 含 めて 甲 9 ? 17 )

(イ ) 米国 コロラド 州連邦地方裁判所 は , 1999 年 ( 平成 11 年 ) 2 月 ,

旧 インディアン 社 , 新 インディアン 社等 の 会社 が 保有 していたすべての

商標権 ( コモンロー 商標権及 び 付随 する 信用 を 含 む 。) を IMCOA に

移 転 さ せ る 旨 を 決 定 し た 。 そ の 後 , I M C O A と Credit Managers

A ssociation of California 以下 「CMA」 という 。) とは , 200


4 年 ( 平成 16 年 ) 5 月 12 日 ,IMCOA の 全 て 財産 を CMA に 譲渡

する 旨 の 契約 をした 。 さらに ,CMA と IMI とは , 2004 年 ( 平成

16 年 ) 7 月 , 上記契約 により CMA が 取得 した 商標 を IMI に 譲渡 す

る 旨 の 契約 をした 。 IMI は , 現 インディアン 社 に 対 して インディアン

商標 を オートバイ に 使用 することを 許諾 し , 現 インディアン 社 は 200

8 年 ( 平成 20 年 ) から オー トバイ 事業 を 行 っている 。 なお , 2011

年 ( 平成 23 年 ) 4 月 に , 現 インディアン 社 の 経営権 を ポラリス ・ イン

ダストリーズ ・ インコーポレイテッド が 取得 している 。

( 乙 6 ? 10 , 25 , 86 , 97 )

この 点 について , 原告 は , 甲 9 ? 17 を 提出 し , 旧 インディアン 社 の

商標権 は 全 て 消滅 したと 主張 する 。 しかし , これらの 原告 が 提出 する 証

拠 によっては , 上記 ( ア )で 認定 したとおり , 甲 9 ? 17 の 旧 インディア

ン 社 の 有 していた 商標 について 登録取消又 は 登録期間 が 満了 し , 現在 そ

れらの 商標権 が 登録 されていないことは 立証 されているとしても , それ

40
を 超 えて , 米国 コロラド 州連邦地方裁判所 において , 上記決定 がされた

こと が 否定 される ものではない 。

イ 原告 に 関 する 事情

(ア ) E は , 新 インディアン 社 から 我 が 国 にお いて 商標 を 使用 する 権利 を

取得 し , 平成 4 年 2 月 , 原告商標 1 に 係 る 出願 を し , 平成 5 年 6 月 , 株

式会社 サンライズ 社 と 共同出資 して , 原告 を 設立 し , 原告代表取締役 に

就任 した 。 この 間 , 同 年 1 月 29 日付 け 「 二輪車新聞 」 ( 甲 50 , 乙 3

0 ) に は ,「 よみがえる アメリカン インディアン 復活 」「 7 月 4 日米

国 で 1 号車 を 発表 」 との 見出 しの 下 ,「 1920 年代 から 40 年 代 にか

けて 全盛 を 誇 った アメリカンモーターサイクル 『 インディアン 』 の 製造

元 インディアン ・ モトサイクル 社 の 40 年 ぶりの 復活 が 決定 , 1 月 22

日 ( 金 ), 同社 オーナー の A 氏 の 来日 に 合 わせ , 同社 の 日本代表 E 氏 の

同席 のもと 記者会見 が 行 われた 。 当日 は , 新生 インディアンモーターサ

イクル の 概要 および 今年 7 月 4 日 アメリカ 独立記念日 に 発表 される 第 1

号 モデル の 内容 などが 明 らかにされた 。」 との 内容 を 含 む 記事 が 掲載 さ

れた 。 また , 同 月 から 同年 11 月 までの 間 , 雑誌 「 BRUTUS 」 ( 甲

53 ? 73 ) に , 21 回 にわたり , 新 インディアン 社 の 創業 や , 原告 の

設立等 について の 記事 が 掲載 された 。 このうち , 雑誌 「 BRUTUS 」

同 年 10 月 15 日 号 ( 甲 71 ) には ,「 インディアン 社 , アパレル 事業

驀進 。 オーナー の E 氏語 る 。」 との 見出 しの 下 に ,「 ついに , インディ

アン 社 の アパレル 事業 がこの 秋冬 にかけ て 本格的 に 動 き 出 した 。」,

「 インディアン ・ モトサイクル ・ ジャパン の 代表 でもあり , アパレル で

も アジア 地区 の 総代理人 である E 氏 は , 次 のように 語 る 。『 アメリカ 本

社 の オーナー , A 氏 と 私 の アパレル における 契約 は , 日本 … を 含 んだ ア

ジア 地区 におけるものです 。 インディアン ・ モトサイクル ・ ジャパ ン は ,

日本 における マスターライセンシー である サンライズ 社 との 共同出資 で

41
設立 しました 。 日本市場 での ブランド 管理 , ライセンスビジネス 事業 ,

輸入業務 などを 行 います 』」 との 内容 を 含 む 記事 が 掲載 され た 。

( 甲 1 の 1 , 甲 50 , 51 , 53 ? 75 , 乙 22 の 1 及 び 2 ,

乙 28 , 30 )

(イ) また , 平成 5 年 7 月 24 日付 けの 「 繊研新聞 」 ( 甲 51 ) には ,

「 米 アンティークバイク 『 インディアン 』 ウエア 発売 」 という 見出 しの

下 ,「 アンティークバイク として 有名 な アメリカ の 『 インディアン 』 を

イメージキャラクター にした 商品 が 今秋 から 日 本 で 発売 される 。 同 ブラ

ンド の 世界戦略 の 一環 で , すでに 一部商品 は アメリカ で 販売 されている

が , このほど インディアン ・ モトサイクル ・ ジャパン ( 本社東京 , E 社

長 ) が 設立 され , 今秋 から 輸入販売 をはじめる 。 ライセンス 事業 も 行 い ,

日本 では 5 年後 , 20 億 ? 30 億円 を 目標 としている 。」 との 内容 を 含

む 記事 が 掲載 され , 同日付 けの 「 日経流通新聞 」 ( 甲 52 , 乙 50 ) に

も , 同様 の 内容 の 記事 が 掲載 された 。 そして , 雑誌 「 POPEYE 」 同

年 11 月 10 日号 ( 甲 75 , 乙 28 ) には , 「 1940 年代 , アメリカ

で ハーレー ・ ダヴィッドソン と 人気 を 二分 し た バイクメーカー が , イン

ディアン ・ モトサイクル 社 だ 。 … しかし , レッドアイアン ( 鉄 の 塊 ) と

も 呼 ばれた 重量感溢 れるその バイク と マーク は , ’ 53 年 の 倒産以来 ,

幻 となっていた 。」「 その インデ ィアン 社 が , 実 に 40 年 の 歳月 を 経 て ,

一人 の アメリカ 人 A 氏 の 手 によって 復活 した 。 しかも , その 復活第 1 号

はなんと バイク ではなく , まずは アパレル などの キャラクターグッズ か

らだという 。」 「 米国 では 既 に ブーム となっている 模様 。 日本 でも , ブ

ーム 着火 は 時間 の 問題 だといえる 。」 との 内容 を 含 む 記事 が 掲載 され ,

雑誌 「DICTIONARY」 平成 6 年 1 月発行 の 35 号 ( 乙 32 ) に

は , ヘッドドレスロゴ の 下 に 「 est.1901」 と 記載 された 広告 が 掲載 され

た 。 また , 同 年 6 月 25 日付 けの 「 旬刊 ファンシー 」( 乙 79 ) には ,

42
「『 インディアン 』 が 復活 40 年 ぶりに バッグ など 商品化 ◇ マルヨ

シ ◇ 」 という 見出 しの 下 ,「 今回 , 新 ブランド として 『 インディアン 』

を 商品化 。」「 インディアン は 1940 年代 , アメリカ で , ハーレーダ

ビッドソン と 人気 を 二分 した バイクブランド 。 1953 年 の 生産中止以

来 , 幻 となっていたが , 実 に 40 年 の 歳月 を 経 て 復活 。 しかも , 従来 の

バイクメーカー 独特 の ハード な イ メージ とまったく 違 った 物 。」 との 内

容 を 含 む 記事 が 掲載 され た 。

( 甲 5 1 , 52 , 75 , 乙 28 , 32 , 50 , 79 )

(ウ ) その 後 , 雑誌 「Goods Press」 平成 6 年 11 月号 ( 乙 3

4 ) には ,「 1901 年 , マサチューセッツ 州 に 誕生 した インディアン

モトサイクル 社 は , 数 々 の レース で 輝 かしい 成績 を 納 めていた バイクメ

ーカー であった 。 しかし 第二次世界大戦後 の 53 年 , 工場 が 閉鎖 されて

姿 を 消 してしまったのだ 。 この インディアン が 長 い 眠 りから 醒 め 93 年

に 復活 。 現在 バイク は 製作中 だが , それに 先駆 けて , インディアングッ

ズ が 続 々 と 日本 に 上陸 している 。」 との 内容 を 含 む 記事 が 掲載 されたほ

か , 現在 に 至 るまで , 原告 及 び その ライセンシー は , 雑誌等 において ,

その ブランド が 旧 インディアン 社 に 由来 する ことを 示唆 する 内容 の 広告

ないし 記事 を 繰 り 返 し 掲載 し ている 。

( 乙 26 , 27 , 29 , 33 ? 41 , 45 , 47 ? 49 , 51 , 52 ,

54 ? 56 , 58 , 59 , 62 ? 66 , 68 ? 75 , 77 , 78 ,

80 , 81 , 83 , 98 , 100 の 1 及 び 2 )

ウ 被告 に 関 する 事情

(ア) 被告 は , 昭和 54 年 11 月 に 開業 した ( 会社設立 は 昭和 38 年 7

月 ) 輸入車 を 中 心 とした 自動車 ・ 二輪車 の 販売等 を 業 とする 株式会社 で

ある 。 被告 は , 現 インディアン 社製 の オートバイ のほかにも , 二輪車 で

は , トライアンフ ,MV アグスタ ,DUCATI 及 び ベクトリックス を ,

43
四輪車 では , プジョー ,MINI, ランドローバー , ジャガー ,BMW,

VOLVO, アルファロメオ , フィアット , アバルト , サーブ , シトロ

エン , キャデラック , コルベット , シボレー , ケーターハム 及 び ホンダ

を 取扱 い , 売上高 ( 平成 22 年 3 月期 の 実績 ) は 約 125 億円 である 。

( 前提事実 (1)イ , 乙 88 , 89 の 1 ? 7 , 乙 96 )

(イ ) 現 イ ンディアン 社 の ディーラー は , 北米及 び カナダ において 26 社

が 存在 し , 世界 では 33 社 に 及 んでいる 。 また , 現 インディアン 社 の 運

営 する ウェブサイト では , ライダーコミュニティ が 形成 され , 旧 インデ

ィアン 社製 の オートバイ を 所有 する 者 や , 現 インディアン 社製 の オート

バイ を 所有 する 者 が 参加 している 。 さらに , これらの 愛好家 は , インデ

ィアン ・ ライダーズ ・ グループ と 称 する 団体 を 形成 して おり , この 団体

は 1907 年 ( 明治 40 年 ) に 創設 された 全世界 で 最古 の ライダーズ ・

グループ であ る 。

( 枝番号 を 含 めて 乙 90 ? 9 5 , 弁論 の 全趣旨 )

(ウ ) 被告 は , 平成 21 年初 めころ , 現 インディアン 社 が インディアン と

いう オートバイ を 復活 させたことを 知 った 。 そこで , 被告 は , 帝国 デー

タバンク に 対 し , 現 インディアン 社 の 調査 を 依頼 し , 現 インディアン 社

が インディアン の 名称 とすべての 知的財産権 を 獲得 して 既 に オートバイ

の 製造 を 開始 していると いう 調査結果 であった ため , 同年春 から 現 イン

ディアン 社 と コンタクト を 取 り 始 めた 。 被告 は , 同年 8 月 , 新規正規代

理店申請書 を 現 インディアン 社 に 提出 し , 同年 11 月 , 現 インディアン

社 の 本社 を 訪問 し , 本社 , 工場及 び 直営 ショップ を 見学 し , 経営陣 との

ミーティング を 行 った 。 この 際 , 被告 は , 現 インディアン 社 の ディーラ

ー 開発部長 から , 現 インディアン 社 の 創立 に 当 たり , 会長及 び 社長 の 2

名 が 2004 年 ( 平成 16 年 ) に 旧 インディアン 社 の 知的財産権 ( 商標

を 含 むすべての 権利 ) を 購入 した 旨 の 説明 を 受 けた 。 被告 は , 帝国 デー

44
タバンク の 調査 が 裏付 けられたものと 考 え , 現 インディアン 社 に 対 し ,

正式 に 我 が 国 における 総代理店 としての 申請 を 行 い , 平成 22 年 1 月 ,

現 インディアン 社 との 間 で 正規輸入代理店合意書 を 締結 した 。

( 乙 96 )

(2) 以上 に 基 づいて , まず , 原告商標 が 無効審判 に より 無効 にされるべきも

のであるか ( 争点 3 ) について 検討 する 。

ア 商標法 4 条 1 項 10 号 , 15 号及 び 19 号 について

被告 は , インディアン 標章 が , 旧 インディアン 社 ( 又 はその 承継者 であ

る 現 インディアン 社 ) の オートバイ を 表示 するものとして , 需要者 におい

て 広 く 認識 されていた 旨 , 又 は 米国 その 他世界各国 における 需要者 の 間 で

広 く 認識 されている 旨主張 する 。

そこで 検討 するに , 商標法 4 条 1 項 10 号 , 15 号及 び 19 号 の 判断時

点 は 商標登録 の 出願時 かつ 査定時 であるところ ( 同条 3 項 参照 ) , 原告商

標 1 ? 3 に 係 る 出願 時 ( 順 に 平成 4 年 2 月 6 日 , 平成 11 年 6 月 21 日 ,

平成 14 年 12 月 28 日 ) 及 び 査定時 ( 順 に 平成 6 年 1 月 14 日 , 平成 1

2 年 7 月 28 日 , 平成 17 年 10 月 19 日 ) において は , 旧 インディアン

社 が オートバイ の 製造 を 中止 した 1953 年 ( 昭和 28 年 ) から 39 年 ?

52 年 が 経過 し て おり , 現 インディアン 社 も オートバイ の 製造 を 行 ってい

な かった のであ り ( 前提事実 (2) 及 び (4) ア , 上記 (1)ア ) , その 他 , 原告

商標 1 ? 3 に 係 る 指定商品 について インディアン 商標 が 使用 されていた 事

実 も 認 められないのであるから , インディアン 標章 について , 上記各号 に

定 める 「 他人 の 業務 」 が あったとは 認 め られない 。

そうすると , その 余 について 判断 するまでもなく , 被告 の 主張 は いずれ

も 理由 がない 。

イ 商標法 4 条 1 項 7 号 について

被告 は , 我 が 国 において , 外国 における 他人 の 標章 の 使用 を 知 りながら ,

45
それと 無関係 な 者 が , 当該他人 の 許諾 を 得 ることなく , 当該商標又 はこれ

に 類似 する 商標 の 設定登録 を 受 けることは , その 目的 が , 我 が 国 で 登録 さ

れていないことを 幸 いに , 当該他人 の 標章 に 便乗 して 不正 な 利益 を 得 るな

どの 不正 な 意図 をもって 使用 することにあるものと 認 めら れる 限 り , 公序

良俗 を 害 するおそれがある 商標 というべきである 旨主張 し , 原告 は , 旧 イ

ンディアン 社 と 何 ら 関係 がないにもかかわらず , 旧 インディアン 社 が ハー

レ ー ダビッドソン と 並 び 称 される 伝説 の オートバイメーカー であったとい

う 名声 に 便乗 して 不正 な 利益 を 得 ようとしたものであり , 不正 な 意図 が 認

められる 旨主張 する 。

そこで 検討 するに , 商標法 4 条 1 項 7 号 の 判断時点 は 商標登録 の 査定時

であるところ ( 同条 3 項参照 ), 原告商標 1 ? 3 に 係 る 査定 時 ( 順 に 平成

6 年 1 月 14 日 , 平成 1 2 年 7 月 2 8 日 , 平成 1 7 年 1 0 月 19 日 ) にお

いては , 旧 インディアン 社 が オートバイ の 製造 を 中止 した 1953 年 ( 昭

和 28 年 ) から 41 年 ? 52 年 が 経過 し ており , 現 インディアン 社 も オー

トバイ の 製造 を 行 っていなかったのであるから ( 前提事実 (2)及 び (4)ア ,

上記 (1) ア ), 旧 インディアン 社及 び 現 インディアン 社 について , インデ

ィアン 標章 の 使用 が 認 め られない 。

そうすると , 旧 インディアン 社 が 著名 な 会社 であ っ たため , その 事業継

続当時 において インディアン 標章 も 著名 ないし 周知 であった ことや , 旧 イ

ンディアン 社 の オートバイ 製造中止及 び 商標 登録抹消 後 において も , イン

ディア ン 標章 が コモンロー 商標権 として 米国 において 効力 を 有 する ことが

認 められる としても ( 上記 (1) ア 参照 ) , インディアン 標章 の 使用 が 認 め

られない 以上 , 原告 において , 他人 の 標章 に 便乗 して 不正 な 利益 を 得 るな

どの 不正 な 意図 をもって 原告商標 を 使用 する 目的 があったと 推認 すること

は 困難 であ り , 上記 (1) イ に 認定 した 事情 を 併 せ 考慮 しても 同様 であ って ,

その 他原告 の 不正 な 意図 を 認 めるに 足 りる 証拠 はない 。

46
したがって , 被告 の 主張 は 理由 がない 。

ウ 以上 のとおり , 原告商標 が 無効審判 により 無効 にされるべきものである

とは 認 め られない 。

(3) 続 いて , 原告 の 商標権 の 行使 が 権利濫用 に 当 たるか ( 争点 4 ) について

検討 する 。

ア まず , 原告 に 関 する 事情 についてみるに , 原告 は 旧 インディアン 社 とは

一切関係 のない 会社 であ る ( 当事者間 に 争 いがない 。) 。 他方 で , 原告及

びその ライセンシー は , 雑誌等 において , その ブランド が 旧 インディアン

社 に 由来 があることを 示唆 する 内容 の 広告 ないし 記事 を 繰 り 返 し 掲載 して

いる ( 上記 (1)イ )。 しかしながら , 従前 において 他者 が 使用 していた 標

章 であったとしても , 商標法上 の 拒絶理由 に 当 たらない 限 り , その 商標登

録 が 許 されるのであるから , 他者 が 使用 していた 標章 であることのみで ,

商標権 の 行使 が 許 されない 事情 に 当 たるとはいい 得 ない 。 また , 原告商標

1 に 係 る 出願 の 時 である 平成 4 年 2 月 6 日 には , 旧 インディアン 社 が オー

トバイ の 製造 を 中止 した 1953 年 ( 昭和 28 年 ) から 39 年 が 経過 して

おり ( 前提事実 (2)ア 及 び (4) ア , 上記 (1)ア (ア )), そのころ 我 が 国 にお

いて 旧 インディアン 社 や インディアン 標章 が 広 く 認識 されていたことを 認

めるに 足 りる 証拠 はない 。 そうすると , 原告 又 はその ライセンシー が 旧 イ

ンディアン 社 の 沿革 を 利用 して 広告等 を 行 ったと 認 め られる ものの , そう

だからといって , 原告 が 旧 インディアン 社 や インディアン 標章 の 信用 ・ 名

声 に ただ 乗 りした と も いい 難 い ( 労力 を 費 やして 原告商標 を 含 む ブランド

を 自己 のものとして 再生 したとの 見方 も 十分 に 可能 である 。) 。

続 いて , 被告 に 関 する 事情 についてみるに , 旧 インディアン 社 の オート

バイ 製造中止及 び 商標 登録抹消 後 においても , インディアン 標章 が コモン

ロー 商標権 として 米国 において 効力 を 有 することが 認 められるとしても

( 上記 (1)ア 参照 ), それはあくまで 米国 における 効力 であ り , 直 ちに 我

47
が 国 における 原告 の 商標 権 の 行 使 を 否定 する 事情 にはならない 。 また , 上

記 (1)ウ に 認定 した 被告 に 関 する 事情 には , 権利濫用 の 評価根拠事実 は 見

当 たらない 。

イ 以上 を 総合 して 考慮 すると , 被告標章 1 ? 3 及 び 5 を 使用 することによ

って , 実質的 に 原告商標 の 出所表示機能 や 原告 ないし 原告商標 の 信用 を 害

しないということはできないのであり , その 他本件 に 現 れた 事情 を 考慮 し

ても , 原告 の 商標権 の 行使 が 権利濫用 に 当 たる 事情 を 認 めることはできな

い。

ウ したがって , 被告 の 権利濫用 の 主張 は 理由 がない 。

4 まとめ

被告標章 1 ? 3 及 び 5 が 原告商標 1 ? 3 と 類似 することは 前記 1 のとおりで

ある 。 そして , 本件 オートバイ は 原告商標 1 ? 3 に 係 る 商標権 の 指定商品 であ

る ( 前提事実 (2)) 。 また , 被告 は , 平成 22 年 3 月 26 日 から 同月 28 日 ま

で , 本件 オートバイ を , 第 37 回東京 モーターサイクルショー に 出展 して , 販

売 のため 展示 し , 本件 オートバイ の 定価表 , カタログ 及 びちらしに ( カタログ

については 被告標章 1 ? 3 を 表示 した 本件 オートバイ の 写 真 が 掲載 されてい

る 。) , 被告標章 5 を 付 して 頒布 し ( 前提事実 (3) イ ) , 同 年 4 月 10 日以降 ,

直営 ショールーム を 開設 し て , 本件 オートバイ を 販売 のため 展 示 し , その ウェ

ブサイト において , 被告標章 1 ? 3 を 表示 した 本件 オートバイ の 写真 を 広告 し ,

ウェブページ の 左上 に 被告標章 5 を 付 して 掲示 し , 本件 オートバイ を 輸入販売

している ( 前提事実 (3)ウ ) 。 さらに , 被告 は , 被告標章 2 を 表示 した 本件 オ

ートバイ の 写真 が 掲載 されている 定価表 , 被告標章 1 ? 3 を 表示 した 本件 オー

トバイ の 写真 が 掲載 されている ちらし , パンフレット 及 び カタログ ( ちらし 及

び パンフレット には 被告標章 2 , カタログ には 被告標章 1 ? 3 が 付 されてい

る 。) を 頒布 し , これらの 定価表 , パンフレット , カタログ には 被告標章 5 が

付 され ている ( 前提事実 (3)エ )。

48
そうすると , 被告 の 上記各行為 は , いずれも 原告 の 商標権 を 侵害 するものと

みなされ ( 商標法 37 条 1 号 ), また , 定価表 , ちらし 及 び パンフレット につ

いては , 被告標章 2 を 付 したことが 認 められるほか , 被告標章 1 及 び 3 を 付 す

るおそれがあると 認 め るのが 相当 である から , 原告 の 請求 は , 被告標章 1 ? 3

及 び 5 について , 商標法 36 条 1 項 に 基 づく 差止請求 及 び 同条 2 項 に 基 づく 廃

棄請求 を 求 める 限度 で 理由 があ る 。 ただし , オートバイ の 廃棄請求 については ,

被告標章 1 ? 3 を 抹消 したとしても オートバイ 本体 がなお 相当 の 価値 を 有 する

ものと 認 められることに 照 らせば , 被告標章 1 ? 3 の 抹消 をすることにより 侵

害 の 予防 に 必要 な 行為 として 十分 であると 認 められるので , その 限度 で 認容 す

ることとする 。 他方 で , 前記 3 のとおり , 被告 の 抗弁 は いずれも 理由 がない 。

なお , 主文 2 項 では 「 別紙被告標章目録記載 1 ないし 4 の 標章 のいずれか を

付 した オートバイ を ウェブサイト 上 で 広告 するに 際 し 」, 主文 4 項 では 「 別紙

被告標章目録記載 1 ないし 4 の 標章 のいずれか を 付 した オートバイ の 定価表 ,

ちらし , パンフレット 及 び カタログ に 」 との 文言 があるが , これらは 原告 の 請

求 に 従 い 被告標章 5 の 使用禁止 の 対象 を 限定 するものであって , 被告標章 4 の

使用禁止 を 認 めるものではない 。

5 結論

よって , 原告 の 請求 は , 被告商標 1 ? 3 及 び 5 について , 商標法 36 条 1 項

に 基 づく 差止請求 及 び 同条 2 項 に 基 づく 廃棄請求 を 求 める 限度 ( ただし , 廃棄

請求 については , 主文 5 , 6 項 で 認 める 限度 ) で 理由 があるから 認容 し , その

余 は 理由 がないから 棄却 することとし , 主文 のとおり 判決 する 。

東京 地方裁判所民事第 29 部




裁判長裁判官 大 須 賀 滋



49
裁判官 小 川 雅 敏




裁判官 森 川 さ つ き




50

  • この表をプリントする